クラブ概要

チーム名の由来

愛するチームを共に“語れ”、“歌え”(イタリア語の「カンターレ」[cantare])、そして“勝て”(富山の方言である「勝たれ」) という意味を込めて名付けた。

併せて、頂点を目指して、富山県民(サポーター)と肩(カタ)を組んで共に「行こう」(フランス語の「アレ」[aller=行く])というチームの姿勢をあらわしている。

チームカラー

チームカラー


富山県の象徴である富山湾や清らかな水をイメージさせます。

ロゴマーク

ロゴマーク

「KATALLER」の「LL」を「VICTORY」の「V」に見立て、「勝たれ!」を表現するとともに元気な富山をアピールします。

エンブレム

エンブレム

全体を「立山連峰、富山湾、チューリップ」の構成とし、美しい富山県をアピールします。

マスコットキャラクター

マスコットキャラクター

ライカくん

県鳥の「雷鳥」と県獣「カモシカ」を融合させて力強さをアピール。
雷鳥の「ライ」、カモシカとカターレの「カ」を組み合わせた。
点取り屋の意味の「ストライカー」という言葉にも通じる。

ユニフォーム

ユニフォーム

運営方針

 カターレ富山はサッカーを通じて、青少年の健全育成やスポーツの振興、地域の活性化などに貢献し、ふるさと富山が一層元気になることを目指します。

●プロサッカーチームの運営
・短期目標:J2復帰、中期目標:J1昇格プレーオフ進出
・身の丈経営をしながらチーム強化
●サッカー教室の開催、アカデミー(育成組織)の保有
・子供たちの夢づくりに貢献→将来のJリーガー養成
・地域スポーツの底辺拡大
●市町村や商店街などと連携したスポーツイベントの開催
・ホームタウンにおける交流拡大
・地域の賑わい創出
●ファンクラブの組織化
・サポーターの開拓
・集客力の向上

 アウェーゲームでの富山県・県内市町村・県内企業のPR、アウェーサポーターへの県内観光地の紹介など、富山県全体のイメージアップと交流人口の拡大にも貢献していきます。