ホームゲームレポート

HomeGame REPORT at 0405 [東京ヴェルディ戦]

2014年04月05日
10時からM3ゲート前特設ブースにて、2010シーズンの「レジェンドユニフォーム」の特別販売を行いました。お客様は昔を思い返すように、選手たちが実際に袖を通したユニフォームを手に取って買い求めてくださいました。 この試合は「ヤングドライスペシャルマッチ」ということで、各入場ゲートでは『オリジナルクリアファイル』をご来場の皆様に配布しました。カターレ富山のダンスチーム「Leap-Blue」のメンバーも配布のお手伝いをしました。
メインスタンドコンコース内では、ライカくんの「もんじゃ風たこ焼きDEおもてなし」を実施し、はちまき姿のライカくんがいい匂いがする「もんじゃ風たこ焼き」を販売しました。 「ヤングドライスペシャルマッチ」の一環で、メインスタンドコンコース内に設けたPRブースではアクアクララの試飲会などを実施し、先着400名様にボールペンをプレゼントしました。
「電光掲示DEはしゃが~れ」では、スタンドで思いっ切りはしゃいでくれた10名様に、ヤングドライ様より「ヒルビーストラップ他ヤングドライ特製グッズ詰め合わせ」をプレゼントしました。 12時10分から「ヤングドライPRブース」に、秋本倫孝選手と村松知輝選手が登場し、ヤングドライ様のPRのお手伝いをしながら、ご来場のお客様とふれあいました。
ピッチ内ウォーミングアップ開始前には、メンバー入りした全選手がスタンドにサインボールを投げ入れて会場を盛り上げました。 事前にご応募いただいた5組10名の女性のお客様が、ノーブルグループPresents女性限定「解説付き 芝かぶりプレミアムシート」で、ワイヤレスイヤホンを使った解説を交えながら選手のプレーを間近で観戦していただきました。
フェアプレーフラッグベアラーは、ヤングドライの皆様が務めてくださいました。 株式会社ヤングドライ 代表取締役 栃谷義隆様より両チームキャプテンに、綺麗な花束を贈呈していただきました。
キックオフ前には、エスコートキッズを務めたヤングドライのお客様のお子様が、選手と一緒に記念撮影を行いました。 ハーフタイムには「Leap-Blue」のメンバーが、澄み渡る青空の下でダンスを披露しました。