ホームゲームレポート

HomeGame REPORT at 0824 [ロアッソ熊本戦]

2014年08月24日
この日はホームタウンデーのメインイベントとして「第4回 T-1グランプリ」を開催し、県内10市町の自慢のグルメがずらりと並び、会場には食欲をそそる良い匂いが漂っていました。 皆さんの投票によってNo.1グルメが決定する投票所では、どこに投票しようかと悩む人たちの姿が多く見られ、それぞれがお気に入りのグルメに1票を投じていました。
サポーター企画の「縁日ブース」では、ヨーヨーすくいや輪投げなど、お祭りらしい遊びに子供たちは夢中になっていました。 熊本県のPRブースには、『くまモン』をはじめマスコットキャラクターと記念撮影ができる整理券(限定30組)を求めるお客様で、早くから長蛇の列ができていました。
特設ステージで行われたステージイベントのトップバッターは、今シーズン初お披露目となるLeap-Blueの育成メンバーが、可愛らしいダンスを披露しました。 続いてDON×YOSHIKIさんが『アナと雪の女王』のテーマソングなどをギターの演奏と共に美しい歌声で披露していただき、ご来場のお客様を魅了していました。
時折雨が降ることもありましたが、M3ゲート前は入場待機列やイベントを楽しむ人々で大変賑わっていました。 ライカくんの「馬肉DEプルコギ」DEおもてなしでは、対戦相手の熊本にちなんで「馬肉DEプルコギ」を甚平姿のライカくんが販売し、お客様をおもてなししました。
オフィシャルスポンサーであるヨシケイ富山様の特別夏休み企画「親子サッカー教室」を試合前のピッチで開催し、大西容平選手とヤン ヘジュン選手、梅村晴貴選手、大山俊輔選手が参加者の皆さんと一緒にボールを使って身体を動かしたり、ゲームをしたりしてたくさん触れ合いました。 特設ステージ前では、Leap-Blueのダンス披露の前にメンバー数名とMIDORI先生が新曲の中で誰でも一緒に踊ることができる振り付け部分を、会場に集まったお客様に丁寧にレクチャーしていました。
続いて多くの方が楽しみにしていた、ゆるキャラグランプリ2011王者の『くまモン』が登場すると、ステージ前は一気にたくさんのお客様で埋め尽くされ、『くまモン体操』をみんなで踊って大変な盛り上がりでした。 整理券をゲットした限定30組のお客様が、県内各市町のマスコットキャラクターや『くまモン』等と写真撮影会を行い、『くまモン』に寄り添って笑顔で思い出の一枚を撮っていました。
8月19日に広島市で発生した土砂災害の被害に対し、『広島土砂災害復興支援募金活動』を実施しました。内田健太選手はサンフレッチェ広島時代に土砂災害地を練習の行き帰りに通っており「とても心が痛んだ。少しでも力になりたい」と自主的に募金活動に参加し、来場したお客様へ募金のご協力を呼び掛けました。 富山商業高校の生徒が販売実習の一環で「TOMI SHOP」を出店し、『チーズケーキ』や『タルト』などを元気よく呼び込みをしながら販売をしていました。
カターレ富山をサポートする会様より、高岡七夕まつり『マイ七夕コンテスト』で高岡市長賞を受賞された商品券で、今年も「クーラーボックス」をご購入いただき、選手を代表して吉川拓也選手と柴田大地選手へ贈呈していただきました。 ヨシケイ富山様の「親子サッカー教室」に参加した親御さんが、フェアプレーフラッグベアラーを務めてくださいました。
ヨシケイ富山様の「親子サッカー教室」に参加したお子様にエスコートキッズを務めていただき、選手と一緒に記念撮影を行いました。 ハーフタイムに「第4回 T-1グランプリ」の投票結果を発表して表彰式を行い、見事優勝に輝いたのは滑川市の『深層水入り白エビどんどん焼き』でした!おめでとうございます!!準優勝は高岡市の『T-1ととまるデラックス』で、特別賞は上市町の『薬膳カレーパン』でした。
試合終了後には、北日本新聞社様の特別協賛と54社の
協賛企業・団体様による「花火の打ち上げ」を行いました。
勝利の花火とはなりませんでしたが、次への活力となる大き
な花火が夜空を彩りました。