ホームゲームレポート

HomeGame REPORT at 0923 [ザスパクサツ群馬戦]

2014年09月23日
多目的広場で『全労済カップ カターレ富山(U-8・U-9)サッカー交流大会 1日目:予選リーグ』を開催しました。開会式に内田錬平選手と森泰次郎選手が登場し、これから試合に挑むたくさんの子供たちに向けて「試合終了の笛が鳴るまで諦めずに一生懸命プレーしてください!」と激励の挨拶をしました。 カターレ富山サッカースクール(U-8・U-9)のスクール生も交流大会に参加し、どのピッチでも白熱した戦いが繰り広げられていました。また、審判はカターレ富山U-18の選手たちが務めてくれました。
市町村サンクスデー『富山市の日』を開催していただき、M3ゲート前に設けた特設ブースでは山田のじゃがいもを使用した『肉じゃが』や『白えびコロッケ』などの販売をしていただきました。ブースからは食欲をそそるいい匂いが漂い、お昼時には多くのお客様で賑わっていました。 また富山市より来場者プレゼントとして、『とやまの水』を先着4,000名様に、『富山市オリジナルボールペン』を先着700名様に手渡していただきました。
涼しげな浴衣姿のライカくんが、対戦相手である群馬にちなんで『フローズン蒟蒻ジェリー』を販売し、お客様をおもてなししました。 『東日本大震災・広島土砂災害復興支援募金活動』に棚橋雄介選手と吉川拓也選手、梅村晴貴選手、柴田大地選手が参加し、来場されたお客様へ復興支援募金の呼びかけを行いました。多くの方にご協力いただき、誠にありがとうございました。
気持ちの良い快晴の空模様の下、笑顔で息の揃ったダンスパフォーマンスを披露した『Leap-Blue』のメンバー。 ピッチ内ウォーミングアップに向かう18名の選手が、サインボールをスタンドに投げ入れました。
佐川印刷京都(JFL)に期限付き移籍をしていて、カターレ富山へ復帰した森泰次郎選手が「地元富山のためにまた頑張ります!」とファンやサポーターの皆様へ挨拶をしました。 また、U-19中国代表のトレーニングキャンプおよびAFC U-19選手権ミャンマー2014のメンバーに選出された高准翼選手が「25日から行ってきます!頑張ります!」と、まだ慣れない日本語で皆様へ挨拶をしました。
みずほ銀行・みずほ証券へお勤めの皆様が、フェアプレーフラッグベアラーを務めてくださいました。 キックオフ前には、富山市の本江均 市民生活部長より両チームキャプテンに、富山市の特産品である「ガラス工芸品」の目録を贈呈していただきました。
『全労済カップ カターレ富山(U-8・U-9)サッカー交流大会』に参加した鵜坂キッカーズと蜷川少年サッカークラブの子供たちがエスコートキッズを務め、選手と一緒に記念撮影を行いました。 ハーフタイムには、ライトレールアテンダントの富田帆波様に富山市のPRを行っていただきました。