ホームゲームレポート

HomeGame REPORT at 0909 [セレッソ大阪U-23戦]

2017年09月09日
芝生スポーツ広場で開催した「明治安田生命 サッカー教室」に、窪田良選手と佐々木一輝選手、ホドリゴ カベッサ選手、進藤誠司選手、西晃佑選手が参加しました。 晴天が広がり、天然芝の上で子供たちと気持ちの良い汗を流しました!
選手と子供たちはサッカーを通じてたくさんふれあうことができました! 「明治安田生命スペシャルマッチ」の一環でメインスタンドコンコース内にPRブースを設け、血管年齢測定&アンケートを行いました。抽選で300名様にオリジナルグッズがプレゼントされました!!
市町村サンクスデー「射水市の日」ということで、M3ゲート前では『白エビバーガー』など射水市の特産品を販売しました! 「はたらくクルマ大集合!(後援:富山市教育委員会)」ということでM3ゲート前には、パトカーや白バイ、高機動車、高所作業車などが集まり、普段なかなか乗ることができないクルマに子供から大人まで大興奮の様子でした!
「カターレふれあい動物園」では、可愛いヤギやウサギとふれ合っていただきました! 「スイーツ超!集合」と題して、スタジアムにスイーツが大集合しました!メインスタンドコンコース内で実施した「選手おすすめスイーツ販売」では、ハン スンヒョン選手と梅村晴貴選手が売り場に立っておすすめ商品の販売を行いました。
ハーフシーズンパス購入者限定のイベントとして「選手とハイタッチ」を行いました!スタジアムに到着してバスから降りてきた選手たちにいち早くエールを送っていただきました! Leap-Blueの育成クラスのメンバーがポンポンを使った可愛いダンスを披露しました!
続いて、パフォーマーがフラッグを使ったダイナミックなパフォーマンスを披露しました! 選手入場前、明治安田生命保険相互会社 富山支社長 岡本光浩様よりご挨拶をしていただきました。
明治安田生命 富山支社の社員の皆様がフェアプレーフラッグべアラーを務めてくださいました! 「JFAリスペクト・フェアプレーデイズ2017」に伴い、差別や暴力のない世界をつくるべく、両チームのキャプテンによる「リスペクト・フェアプレー」宣言を行いました。
キックオフ前には、明治安田生命保険相互会社 富山支社長 岡本光浩様より両チームのキャプテンに花束を贈呈していただきました。 続いて、いみず観光大使 伊藤麻里恵様より、両チームのキャプテンに射水市の特産品を贈呈していただきました。
明治安田生命サッカー教室に参加した子供たちがエスコートキッズを務め、選手と一緒に記念撮影を行いました。 さらに、小杉サッカークラブの子供たちもエスコートキッズを務め、選手と一緒に記念撮影を行いました。