ホームタウン活動

一日救急課長にライカくんが参加しました

2016年09月09日

 2016年9月8日(木)、富山消防署で開催されました「一日救急課長」にライカくんが参加しました。

 はじめに、大江豊富山消防署長より委嘱状を受け取り、一日救急課長として用具の点検や救急車の適正利用の呼びかけを行いました。

 はしご車や救急車の点検もしっかりと行い、いつ出動しても問題ないことを確かめました。救急車の適正利用の呼びかけでは、正しい救急車の要請を行ってもらう為にライカくんが載っている適正利用チラシが入ったポケットティッシュを配布しました。

 富山消防署の皆様、関係者の皆様、誠にありがとうございました。

一日救急課長に委嘱してもらいタスキを掛けていただきました。マスコットキャラクターでの委嘱は初めてということで、ライカくんは気合いを入れて取り組むことを誓っていました! 最初に安全ベルトを装着し、はしご車の点検を行いました。最長40mまで伸びる富山県で2番目に長いはしご車ということを聞いたライカくんは、40mまで伸びることにとても驚いていました。
ライカくんは、しっかりはしご車に異常がないか身をもって点検していました。ライカくんは「異常なし!これで高所での活動も問題ない!」と言っているかのような敬礼で点検終了の報告をしていました! 次に救急車の点検を行いました。車内に備わっている機器の動作確認を行い「こちらも異常なし!いつでも出動準備OK!」と元気に報告していました!
次は「工事現場で人が倒れた」という設定の訓練を視察しました。現場から救急車内での処置の仕方をしっかりと見つめ、「的確な処置をしている。これで非常事態が発生しても対応ができる!」と日頃から訓練をしている隊員の対応に自信をもって報告していました! 最後はグランドプラザに移動して「救急車の適正利用にご協力ください!」とスタッフと呼び掛けました!