ホームタウン活動

黒部市長を表敬訪問しました

2016年09月15日

 2016年9月14日(水)、酒井英治社長と黒部光昭強化部長、萱沼優聖選手、石坂元気選手が、9月25日(日)大分トリニータ戦での市町村サンクスデー「滑川市・魚津市・黒部市の日」の開催にあたり、堀内康男黒部市長を表敬訪問しました。

 冒頭に、酒井社長は「日頃から大変心強いご支援をありがとうございます。大分戦は是非とも黒部市の皆様の熱い声援を背に、勝利を掴み取りたいと思いますので、是非ご来場ください」と、皆様の声援が勝利に不可欠となることを強く訴えかけていました。

 それに対して堀内市長は、「黒部市の子供たちもカターレ富山の試合を観て、サッカーを頑張っているようです。富山県のサッカーレベル向上は、カターレ富山の皆さんの活躍にかかっています。是非、頑張ってください」と、力強いお言葉を頂きました。

 堀内市長をはじめ、ご対応していただきました黒部市役所の皆様、誠にありがとうございました。


 9月25日(日)大分トリニータ戦の市町村サンクスデー「滑川市・魚津市・黒部市の日」では、滑川市・魚津市・黒部市にお住まい、お勤めの皆様に特別価格でチケットを販売いたします!!
 試合当日「チケット売り場」にて、滑川市・魚津市・黒部市在住、在勤であることが証明できる身分証明書をご提示ください。
 この機会にぜひ、スタジアムへご来場ください!皆様のお越しを心よりお待ちしております!

堀内市長は「スタジアム観戦は良いものですよね。やはり、現場に行くことが大事です」と、スタジアム観戦の良さを熱く語ってくれました。 酒井社長は「市長が言われた通り、テレビで見るのとスタジアムで見るのは全然違います。是非、黒部市民の皆様にはスタジアムに来ていただきたいと思います」と答えていました。
萱沼選手は「僕たちはピッチで結果を出すことが全てだと思っています。勝点3にこだわって頑張ります!」と応え、石坂選手は「1試合でも多く勝って、富山県を盛り上げたいと思います!」と、両選手共に勝利することを誓いました。 黒部市の皆さん!9月25日(日)の大分トリニータ戦は、是非スタジアムへご来場ください!皆様のご来場をお待ちしております!