ホームタウン活動

南砺市サッカー協会主催「カターレ富山サッカー教室」に選手と普及・育成コーチが参加しました

2016年09月20日

 2016年9月17日(土)、南砺市サッカー協会主催(共催:北日本新聞社)の「カターレ富山サッカー教室」に大山俊輔選手と中田大貴選手、小見恵吾選手が参加し、磯崎諒コーチと眞田学コーチ、細田慎一郎コーチが指導にあたりました。

 参加した小学生2・3年生の約40名は、歓喜や笑い声で終始楽しい雰囲気でサッカーをしていました。
 また、最後の試合では、無我夢中でボールを奪いに行く姿やゴールに力いっぱいシュートを打ち込む姿がとても印象的でした。
 中田選手は、「みんな勝負にこだわっていて、時には喧嘩をするぐらい真剣なので、自分も負けられないと思いプレーしました」と熱く語っていました。

 南砺市サッカー協会様、関係者の皆様、誠にありがとうございました。

最初はウォーミングアップも兼ねて鬼ごっこ!2人組で手を繋ぎながら逃げたり、追いかけたりしなければいけないので、2人で呼吸を合わせなければいけません!中田選手は上手くいっている表情ですね! 小見選手は周りを見て、率先して鬼に捕まらないように子供たちを誘導していました!
途中から雨が止んだので、外で試合をすることが出来ました!広いグラウンドで思いっきり走ったり、シュートをしたりして子供たちはとても楽しそうでした!大山選手も子供たちとお話をしながらコミュニケーションを取り、仲良くなっていました!終盤には子供たちから「大山選手面白いー!」と大人気でした! ゴールを決めたらチームのみんなでタッチ!「みんなで力を合わせたからゴールすることができたんだよ」と小見選手は子供たちに伝えていました!
中田選手のドリブルが早く、子供たちは「追いつかないよー」といいながらも必死に追いかけていました!ドリブルだけでなく豪快なシュートも決め、みんなのお手本となっていました! 小見選手もドリブル突破をして、子供たちにたくさんアシストしていました!ゴールが決まるとすかさず、みんでタッチして喜びを分かち合っていました!
閉会式に大山選手は、「25日(日)にカターレ富山の試合があるから、是非観に来てください!」と試合告知をしていました! 最後にサイン会を実施しました。みんな書いてもらいたい物を出して、たくさんサインをもらっていました!中には「はじめてサインもらったー!」と人生で初めてサインをもらった子供もいて、記憶に残る一日になったと思います!南砺市サッカー協会の皆様、関係者の皆様、誠にありがとうございました。