ホームタウン活動

株式会社ゴールドウィン富山地区委員会主催「カターレ富山サッカー教室」に選手が参加しました

2016年10月27日

 2016年10月22日(土)、小矢部運動公園で開催された、株式会社ゴールドウイン富山地区委員会主催の「カターレ富山サッカー教室」に大山俊輔選手と吉井直人選手、馬渡隼暉選手、小見恵吾選手、普及・育成スタッフの細田慎一郎コーチと松本美保コーチ、眞田学コーチ、磯崎諒コーチが参加しました。

 当日は運動しやすい気候で、参加者も汗をかく程、たくさんサッカーをしました。
 参加者からは「楽しかった~!」という声がたくさん聞こえ、満足そうな顔でサッカー教室を後にしていました。
 サッカー教室終了後には、サイン会を実施し「サインもらったー!」と嬉しい気持ちを親御さんへ伝えている場面が見られました。

 参加していただいた皆様、株式会社ゴールドウイン富山地区委員会様、誠にありがとうございました。

サッカー教室前には「株式会社ゴールドウィン選抜チームvs.カターレ富山チーム エキシビジョンマッチ」が開催されました!両チーム共にチャンスをつくりましたが、結果は3対0でカターレ富山チームの勝利で幕を閉じました。普段一緒にサッカーすることができないゴールドウイン社員様と試合ができて大山選手は「普段このような機会はないので、とても楽しかったです。エキシビジョンマッチでは、お互い熱いプレーが繰り広げられていたのではないかと思います」と、試合を楽しんでいました。 エキシビションマッチ後は、みんなお待ちかねの「サッカー教室」が開催されました。最初に選手とコーチを紹介してもらい、各コートを担当する選手とコーチを発表しました!参加者のみんな、選手とコーチの名前覚えられたかな~?
1・2年生グループを担当した吉井選手は「みんなホント可愛いです」という言葉通り、参加者に対して優しく教えてあげる場面やわざと大きな動きをしてわかりやすいお手本をしている場面がみられ、さすがのイクメンぶりを発揮していました。そんな吉井選手と一緒にサッカーをすることで、参加者は終始笑顔になっていました。 小見選手は3・4年生グループを担当しました。体が大きい小見選手は、最初参加者からは恐れられていましたが、参加者とペアを組んだり、グループで練習を実施したりしていくうちに、打ち解けていました!パスのお手本を披露する際は、とても自信がなさそうな顔で臨んでいましたが、きれいに相手にパスが届くと安心したように笑顔を見せていました!
馬渡選手が5・6年生グループを担当しました。途中でコーチが参加者へアドバイスをする時は、馬渡選手も一緒に話を聞き、その後コーチが伝えたいことを自らのプレーで示していました。時折、馬渡選手は「ナイスパース!」と上手くいった参加者の成功をほめ、参加者のモチベーションを常に高めていました! 大山選手は女性グループを担当しました。最後の試合では、参加者がゴールを決められるように自らチャンスを作り出し、最後は参加者にシュートさせている場面が見られました!見事ゴールが決まればハイタッチをしてチームで一緒に喜んでいました!
サッカー教室終了後には全員で集合写真を撮影しました!力強いガッツポーズをとり、「頑張ってください!」と温かい声を掛けていただきました!ありがとうございました! サイン会では長蛇の列ができ、参加者の皆さんはサインが待ち遠しい様子でした!