ホームタウン活動

「プロ直伝!とやま夢づくりスポーツ塾(舟橋村立舟橋小学校)」に選手が参加しました

2016年11月11日

 2016年11月10日(木)、「プロ直伝!とやま夢づくりスポーツ塾」に中西倫也選手と進藤誠司選手が参加しました。

 今回は、舟橋村立舟橋小学校の1・3年生73名を対象に行いました。
 児童たちは、グループでの活動ではチームでしっかり話し合ったり、助け合ったりして一つ一つの練習をみんなで楽しんでくれました。
 試合では、選手に良い所を見せようと、みんなが必死にボールを追いかけていました。また、試合中に待っている児童たちはコーチや先生から言われなくても大きな声で応援している姿がとても印象的でした。
 その応援を受けて、児童たちだけでなく、選手やコーチ、先生たちも気持ちよくサッカーを楽しむことができました。

 進藤選手は「子供たちの笑顔がたくさん見れて楽しかったです!」と児童たちからたくさんのパワーをもらったようでした。
 中西選手は「みんなとても元気が良くて素直な児童たちが多かったので、一緒に楽しむことができました!」との言葉通り、終始笑顔でサッカーを楽しんでいました。

 舟橋村立舟橋小学校の皆様、誠にありがとうございました。

最初に中西選手と進藤選手は「しんちゃん」「ともちゃん」と生徒たちからも気軽に名前を呼んでもらう為のニックネームを紹介しました。案の定、すぐにみんなから名前をたくさん呼ばれていました。 自己紹介を終えると、中西選手はみんなの前で華麗なリフティングを披露しました!足の甲にボールを乗せたり、肩や頭の上にボールを乗せると会場から自然と拍手が巻き起こっていました。
ドリブルシュート練習では、たくさんのゴールを決めることができました。 さらに、たくさんのゴールを決める為には、どうすれば良いかチームで作戦タイム!進藤選手も「どうすれば早くドリブルできると思う?」などと質問をしながら、生徒たちの答えを引き出していました。
練習を終えるといよいよ試合開始!!みんなで一緒に円陣を組みました。進藤選手のチームは「絶対勝つぞぉー!」と大きな声で気合を入れました。 対照的に中西選手のチームは「みんなで楽しもぉー!」と話し合いながら円陣を組んでいました。
試合では、練習の成果が出たのかゴールを決めて選手といっぱいハイタッチを交わすことができていました。 試合後は質問タイム!「攻撃と守備ではどちらが大事ですか?」や「練習はどれくらいすれば上手くなりますか?」など生徒たちは聞きたい事を遠慮なく聞いていました。生徒たちの質問に選手たちも一つ一つ丁寧に答えていました。
質問タイム後は、中西選手より「感謝の気持ちを忘れず」と、メッセージを送りました。 1年生との集合写真!チームワーク抜群でみんなでしっかりと協力して一つの事をやろうとしてくれました。試合の時もチーム関係なくみんなを応援し、そのおかげで一緒に試合を行った先生たちからもスーパープレーが続出していました。
3年生との集合写真!元気がとても良く、試合でも足が止まる生徒は、ほぼいませんでした。選手とコーチ&先生チームと対決する時には、闘志むき出しに挑んでいました。点差がひらいてもあきらめることなく、必死にボールを追いかけ、最後の最後まで走り続けていました。 体育館を退場する際は、選手とハイタッチ!!また、みんなと会える日を心より楽しみにしています!