ホームタウン活動

富山トヨタ自動車株式会社×カターレ富山 キッズ応援プロジェクト
「1ゴール5球プレゼントキャンペーン」贈呈式を行いました

2016年12月14日

 2016年12月5日(月)に魚津市役所、黒部市役所と立山町役場にて、12月9日(金)に射水市役所にて、富山トヨタ自動車株式会社×カターレ富山 キッズ応援プロジェクト「1ゴール5球プレゼントキャンペーン」の贈呈式を行いました。

 この企画は、カターレ富山のオフィシャルスポンサーである富山トヨタ自動車株式会社様とカターレ富山が共同で、将来を担う児童・生徒の健全育成や、地域社会の発展に貢献することを目的に、カターレ富山のJリーグ公式戦1得点につき5球のサッカーボールを県下の全小学校(全193校)に数年をかけて寄贈するものです。
 4年目となる今シーズンのゴール数は37ゴールとなりました。前年度に繰り越した4ゴール分を含めて全41校(高岡市15校、魚津市10校、黒部市9校、立山町7校)にサッカーボール計205球を贈呈させていただきました。

 贈呈式では、富山トヨタ自動車株式会社代表取締役社長の品川祐一郎様より『ハイブリッドe基金』と今回の企画の説明があり、その後、ボールが贈呈されました。
 また、品川社長様は「来シーズンで県内全ての小学校にボールが行き渡るよう、カターレ富山の選手たちには46ゴール以上を挙げてもらいたい」と話され、酒井社長は「それくらいのゴール数を挙げないとJ2昇格は果たせない。来シーズンで県内全校にボールが贈呈が出来るよう頑張ります」と力強く答えました。

 過去3年間で106校、今年の分を加えて計147校にボールを寄贈し、残りは46校となりました。1年でも早く県下の全小学校に寄贈できるよう、来シーズンも頑張ります!

 富山トヨタ自動車株式会社様、関係者の皆様、誠にありがとうございました。

(左から)富山トヨタ自動車の品川祐一郎社長、射水市の夏野元志市長、カターレ富山の酒井社長 魚津市の畠山敏一教育長(中央)
黒部市の国香正稔教育長(中央) 立山町の舟橋貴之町長(中央右)と大岩久七教育長(中央左)