ホームタウン活動

「JFAレディース&ガールズサッカーフェスティバル」に選手が参加しました

2017年03月31日

 2017年3月25日(日)、北陸電力総合運動公園で行われた「JFAレディース&ガールズフェステイバル」に、進藤誠司選手と梅村晴貴選手、馬渡隼暉選手、中西倫也選手、ホドリゴ・カベッサ選手が参加しました。

 小学生から大人の方まで幅広く参加していただき、あちらこちらでボール回しやシュート等でフェスティバルが始まるまでの時間を過ごしていました。
 この日は天気も良く、選手も参加者も楽しくフェスティバルを行うことが出来ました。

 フェスティバルの内容は、4セッション(コーン倒し・4ゴールゲーム・シュート・ミニゲーム)を時間で周っていくという流れで、各セッション・コーン倒しには馬渡選手、4ゴールゲームには進藤選手、シュートには中西選手、ミニゲームには梅村選手とカベッサ選手に入ってもらいました。
 コーン倒し・シュートゾーンで選手のデモンストレーションを見た参加者からは歓声が聞こえたり、ゲームでは選手からボールを必死に奪おうとする参加者の姿が印象的でした。

 最後は、選手vs.参加者で広いコートでのゲームをし、楽しくフェスティバルを終えることができました。

 ご協力いただいた関係者の方々、参加者の皆様ありがとうございました。

開会式では選手一人一人から挨拶をいただきました。「短い時間ですが楽しくサッカーしましょう!」 ウォーミングアップでは、みんなで手を繋いで蹴りながらボールを運ぶ競争をしました。グループ全員が触らないといけないルールでしたが、みんな触れたかな?
競争で負けたグループがバツゲーム??梅村選手は華麗なリフティングを披露してくれました。 フラフープの中でボールが止まるように、みんな慎重にボールを蹴っていました。
ミニゲームでは、子供たちのボール争奪戦!どっちも頑張れ!! 最後の大きなゲームでは進藤選手に果敢に立ち向かう参加者もいました。
サイン会では参加者のマイボトルにカベッサ選手が慎重にサインを書いていました。 最後はみんなで記念撮影をして終了しました。