ホームタウン活動

「全労済カップサッカー教室」に選手が参加しました

2017年06月06日

 2017年5月28日(日)、富山県総合運動公園多目的広場にて、「全労済カップサッカー教室」が行われ、佐々木一輝選手、ハン スンヒョン選手、西晃佑選手、服部一輝選手が参加しました。

 この日は朝からとても良い天気で、絶好のサッカー日和となり、大会に参加したU-8のチームのうち、ほとんどのチームがサッカー教室に参加しました。

 午前中、暑い中何試合もこなしていた子供たちでしたが、果敢に選手にドリブルを挑んだり、シュートを決めたりと、午前中の疲れを感じさせないプレーがたくさん見られました。

 選手もそれぞれの特徴を生かしたプレーで会場を賑やかしました。
 佐々木選手、西選手のドリブルで子供たちを一気に抜き去るプレーや、子供たちがジャンプしても届かないくらいの高さでのハン選手のヘディング、ゴール前ではシュートする隙間も与えない服部選手のシュートブロックなどを披露し、会場を盛り上げました。

 サッカー教室が終わると、子供たちからは「まだやりたかった!」「もう終わり?」などの声も聞かれましたが、子供たちは皆とても清々しい表情でサッカー教室を終了しました。

 全労済の皆様、関係者の皆様、誠にありがとうございました。

選手一人一人から自己紹介があり、サッカー教室は始まりました。 試合始まりの挨拶!しっかり選手と向き合って「きをつけ!れい!おねがいします!」
佐々木選手と1対1!子供もしっかりと体を寄せてボールを奪いにいっていました。 ゴールを目指す西選手を追いかける子供たち!必死さの中にも楽しそうな表情も見られました。
ゴールを決めた子供たちとハイタッチをしたり、はしゃいだり、と楽しい一面も見られました。 チーム全員で仕掛けてくる子供たちを服部選手が一人で頑張って対応する場面もありました。
選手からゴールを決め、全身で喜びを表現している姿がとても微笑ましく思えました。 ハン選手のドリブルに子供たちは必死に食らいついていました。
攻める選手、守る子供たち。どちらに軍配が?? 最後に西選手から一言挨拶をさせていただき、サッカー教室は終了しました。