ホームタウン活動

「プロ直伝!とやま夢づくりスポーツ塾(石動西部こども園)」に選手が参加しました

2017年06月21日

 2017年6月15日(木)、石動西部こども園にて実施した「プロ直伝!とやま夢づくりスポーツ塾」に、萱沼優聖選手と西晃佑選手が参加しました。

 石動西部こども園では、毎年、年長の皆さんに参加していただいており、今年は37名の子供たちと楽しい時間を過ごしました。

 活動を終えたあとも選手たちは「一緒にサッカーをすることが本当に楽しくて仕方ありませんでした」とずっと話をしており、積極的にボールを追いかけたり、サッカーが上手くなる為の質問をしたりする子供たちに関心を抱いておりました。

 「最後にもう一試合やりたい!」と言ってくれたみんなとお別れするのは寂しかったのですが、時間も迫っていましたので挨拶をして活動を終了いたしました。

 石動西部こども園の皆様、誠にありがとうございました。

選手によるリフティングパフォーマンスを披露しました。子供たちはボールが上空を飛ぶたびに「ワー!」「ギャー!」と楽しんでいました。 お尻にボールを当てる『プリッと!』ゲームを行いました。どうやったらプリッとされないか、みんなで考えました。
少し運動した後にミニゲームを行いました。みんな必死にボールを追いかけてゴールを狙いました。 サッカーが上手くなりたい子からの質問です。「どうしたらドリブルで抜くのが上手くなりますか?」
こちらも面白い質問です。「どうやったらオーバーヘッドキックが出来ますか?」萱沼選手が実演してくれました。 活動終了後も時間が許す限り子供たちと遊ぶ2人でした。最後に西選手から子供たちへ「最後まで諦めない気持ち、お友達を大切にすること」のメッセージを伝えました。