ホームタウン活動

「カターレ富山サッカー教室in呉羽小学校」に選手が参加しました

2017年06月22日

 2017年6月17日(土)、呉羽小学校校庭にて「カターレ富山サッカー教室」が行われ、登崎雅貴選手と梅村晴貴選手、馬渡隼暉選手が参加しました。

 6学年の学年活動として行われたこのイベントは、学年目標を『Believe(ビリーブ)』に決めて“自信を持って頑張る!”“仲間を信じる!”ことで、子供たちがさらに大きな自信を持ち、これからの将来へ突き進んでほしい!という願いを込めて開催されました。

 今回はいつものサッカー教室とは違い、普段あまり使われない[グリーンカード]を用いてのサッカー教室となりました。
 [グリーンカード]とは、フェアプレーをした子供に対して提示されるカードで、この日もボールが当たって倒れている友達に「大丈夫?」と手を差し伸べてあげたり、遠くに転がっていったボールを拾ってきてあげたりと..他にもたくさん[グリーンカード]が出る場面がありました。

 男女の仲がとても良く、サッカー教室中は終始賑やかで、更に女の子は男の子のボールを遠慮することなく、積極的に奪いに行く場面も多く見られました。
 アイスブレイクから試合まで、選手もコーチも[グリーンカード]を出す間もないくらいに良いプレーが続き、終始笑顔が絶えないサッカー教室となりました。

 呉羽小学校PTAの皆様、学校の先生方、関係者の皆様、誠にありがとうございました。

開会の挨拶後、野田コーチから[グリーンカード]の説明をさせていただきました。 上手にドリブルできるコツを、登崎選手も丁寧に子供たちに教えてあげていました。
ドリブル爆弾ゲームでは、梅村選手のボールに当てようと、狙いを定めて「絶対に当てるぞ!」と気合い十分の子供もいました。 普及スタッフの磯﨑コーチからは「爆弾ゲームで当てられないようにするには、どうしたらいい?」と子供たちに質問!登崎選手のデモンストレーションなどを見て思ったことを答えてくれていました。
馬渡選手も子供たちに直接指導にあたり、みんな熱心に聞いていました。 最後は3チームでゲーム!白熱したゲームが繰り広げられました。
各コートの優秀選手を、担当のコーチと選手で決め、3選手のサイン入りボールが手渡されました。 サッカー教室終了の挨拶!選手とコーチに向かって元気よく「ありがとうございました!」
全員で記念撮影!みんないい笑顔です!お疲れ様でした!! 最後には選手サイン会を開催しました。プレゼントしたクリアファイル以外にも、この日使ったグリーンカードを選手から貰ってサインをしてもらう子供もいました。