ホームタウン活動

「八重津浜海水浴場清掃活動」を実施しました

2017年07月15日

 2017年7月9日(日)、今年で9回目となりました八重津浜の海岸清掃活動に、選手とスタッフ、アカデミースタッフ、U-18、U-15の選手、普及スタッフ、Leap-Blue、フロントスタッフのメンバーが参加しました。

 八重津浜の海岸清掃活動はカターレ富山の練習場である草島グラウンドの近隣であり、毎年選手会リードのもと開催しています。
 今年も休日にも関わらず、多くのファンやサポーターの皆様にもご協力いただきました。

 株式会社クリーン産業様からはコンテナのご協力、株式会社トンボ飲料様からドリンクをご提供いただき、参加者は渇いた喉を潤しつつ晴れやかな表情で海岸を後にしました。

 ご参加くださったファンやサポーターの皆様、関係者の皆様、誠にありがとうございました。

脇本晃成選手会長の挨拶から始まり、清掃活動を開始。 総勢約150名で力を合わせ、空き缶や瓶、ペッドボトルのキャップなど様々なゴミを収拾し、海岸の美化にあたりました。
海岸清掃というと一見、大変な重労働のようなイメージもありますが、選手とファンやサポーターの皆様が触れ合いつつ “楽しみながら” 実施できた部分にカターレ富山の存在意義を改めて感じることが出来ました!清掃活動終了後は、選手とファンやサポーターの皆様がサインや写真撮影にて交流を深め、笑顔溢れる時間となりました。 当初の予報では天候が崩れがちとの情報もありましたが、八重津浜美化への熱い想いが勝って!?晴天の中、無事に清掃活動が終えることが出来ました。