ホームタウン活動

「2017ユネスコ平和の鐘を鳴らそう運動」に選手が参加しました

2017年08月05日

 2017年8月1日(火)、富山国際会議場メインホールにて行われた「2017平和の鐘を鳴らそう運動」に、脇本晃成選手と代健司選手が参加しました。

 富山県のユネスコ協会では「すべての人が平和に暮らせる地球社会を作ろう」と、諸活動を展開しており、「2017平和の鐘を鳴らそう運動」では、「ユネスコ憲章前文」「わたしの平和宣言」を唱和した後、世界平和への誓いを込めて鐘を鳴らします。
 この日も、富山ユネスコ協会会長高桑氏を始めとして、参加者全員が平和の鐘を鳴らしました。

 富山県ユネスコ連絡協議会の皆様、その他関係者の皆様、誠にありがとうございました。

選手サイン会には、富山ユネスコ協会の高桑会長にも来ていただきました。 今回の運動のお手伝いに来ていた、ユネスコスクールの学生たちもサイン会に来てくれました。
運動に参加した小学生たちの後に続き、選手たちも鐘を鳴らしました。 脇本選手に続き、代選手も平和への願いを込めて鐘を鳴らしました。