ホームタウン活動

「小矢部市サッカー教室」に普及スタッフが参加しました

2017年08月25日

 2017年8月20日(日)、小矢部市運動公園陸上競技場で開催された「カターレ富山少年サッカー教室」に、カターレ富山普及スタッフより、野田浩之コーチ、眞田学コーチ、磯崎諒コーチ、小川司コーチ、吉川拓也コーチが参加しました。

 今回も小矢部市教育委員会の主催で行われ、小矢部市内の中学校(石動中学校・大谷中学校・蟹谷中学校)の生徒たち約60名が参加しました。

 今年3月にも行われたこの教室は、技術力向上を目的としていましたが、今回は技術力向上に合わせて戦術的なトレーニングも組み込まれました。

 始まりの挨拶の中で、野田普及コーチより「みんなのサッカー人生に影響を与えられるようにコーチたちも全力でやります!」の言葉通り、炎天下の中、更に熱い指導が終始行われていました。
 それに応えようと生徒たちも最後のゲームまで一生懸命に取り組んでいました。

 最後に全員で記念撮影をして教室は終了しました。

 小矢部市教育委員会の皆様、関係者の皆様、誠にありがとうございました。

手を叩いた数だけ集まるアイスブレイクで、生徒たちの緊張が和みました。 キーパートレーニングも、基本から言われたことを体現しようと一生懸命に取り組んでいました。
向かい合っての基本練習!浮き球コントロールからグラウンダーのパスを行いました。 お楽しみの最後のゲームはトーナメント戦で行われました。
優勝したチームにはカターレ富山後半戦ポスターがプレゼントされました。 参加した3校の生徒たちとコーチで記念撮影をしました!ありがとうございました!