ホームタウン活動

舟橋村と立山町を表敬訪問しました

2017年10月13日

 2017年10月12日(木)、森野弘樹社長と黒部光昭強化部長、代健司選手、平繁龍一選手が10月15日(日)藤枝MYFC戦での市町村サンクスデー「立山町・舟橋村の日」開催にあたり、立山町の朝倉正副町長と舟橋村の金森勝雄村長を表敬訪問しました。

【立山町表敬訪問】
 朝倉副町長は「カターレ富山の試合結果はいつも気にしています。2位以内に入りJ2昇格出来るよう応援しています」と激励のお言葉をいただきました。

 この他、朝倉副町長がカターレ富山の試合をご観戦いただいたときのお話や、代選手、平繁選手の出身地である広島県のスポーツの話などで盛り上がりました。

【舟橋村表敬訪問】
 金森村長からは「カターレ富山のJ2昇格に向けて舟橋村皆で応援しています」と激励のお言葉をいただきました。

 また、代選手と平繁選手は、金森村長から「試合前はどんな食事を?」「試合中観客の声援が大きくても監督の指示は聞こえる?」等、様々な質問いただき、丁寧に答えていました。


 ご対応いただきました、立山町役場の皆様、舟橋村役場の皆様、誠にありがとうございました。

 10月15日(日)藤枝MYFC戦の市町村サンクスデー「立山町・舟橋村の日」では、立山町、舟橋村にお住まい、お勤めの皆様に特別価格でチケットを販売いたします!!
 試合当日「チケット売り場」にて、立山町、舟橋村在住、在勤、在学であることが証明できる身分証明書をご提示ください。

 この機会にぜひ、スタジアムへご来場ください!皆様のお越しを心よりお待ちしております!

平繁選手は「次の試合も絶対勝って、残り7試合全部勝つために戦いたい」と力強く意気込みを語りました。 サプライヤーの四方蒲鉾株式会社様にご協力いただき、鯛の蒲鉾を贈呈いたしました。
代選手は、残り7試合に向けて「試合に出る選手だけでなく、出られない選手も含めてチーム一丸となって残り7試合を戦いたい」と話しました。 日本一小さな村である舟橋村から、大きな大きな声援をよろしくお願いいたします!