ホームタウン活動

興南中学校「職業人としての生き方に学ぶ会」にフロントスタッフが参加しました

2018年03月13日

 2018年3月9日(金)、富山市立興南中学校で実施された「職業人としての生き方に学ぶ会」にフロントスタッフの足助翔 事業・運営部ホームタウン担当が参加しました。

 中学1年という将来への無限の可能性を秘めた生徒たちに向け、サッカー人生を通じて感じてきた事や大切に思い取り組んできた事を講話させていただき、夢や目標の存在を意識しながら中学校生活を送ってほしいという気持ちをお伝えいたしました。

 生徒たちは皆、講義全体を通して熱心に聞き入ってくれている様子でしたが、中でも目の色を変えて必死にペンを走らせてくれていたのは「夢を叶えるため、君たちと同じ中学1年生の頃に何を考えながら学校生活を送っていたか」というエピソードの部分でした。

 「大学へ進学した場合、おおよそ10年後に目標とする仕事に就く。そのための専門的な学びを3~6年後にはスタートさせる可能性がある。そこへ向かっていく中で“現在のわたし”は何を大切にするべきだろうか?」という問いかけに対して生徒たちは各々、想いを巡らせている様子でした。

 そして夢がまだ見つかっていないという生徒に向けては「心が“嬉しい!”や“楽しい!”と叫ぶ瞬間がいつか必ずやってきます。それこそがあなたの可能性。それに出逢っていないという事は可能性は無限大という事です」とお伝えし、焦らずに自分自身の目標を見つけてほしいというメッセージをお伝えしました。

 最後には参加生徒全員でサッカーをして、楽しい時間が終了しました。

 興南中学校の皆様、誠にありがとうございました。