ホームタウン活動

「2018ファン感謝祭」を開催しました

2018年07月29日

 2018年7月22日(日)、富山県総合運動公園 屋内グラウンドにて「2018ファン感謝祭」を開催しました。

 今年はリーグ中断期間での開催となった「ファン感謝祭」ですが、約320名のファンやサポーターの皆様にご来場いただき、選手たちと一緒に楽しい時間をお過ごしいただきました。

 また、今年は各種ブースにて選手が様々なゲームや遊びをお客様と一緒に楽しむ事で、より選手やコーチングスタッフを身近に感じていただける時間になった事と思います。

 サッカー日本代表の活躍が記憶に新しい2018FIFAワールドカップで、ベスト16に残った国々の遊びやゲーム、スポーツ等からヒントを得て考案した「ロシア・ガラッキー風ゲーム」「フランス・ペタンク風ゲーム」「スペイン・ペレレ風ゲーム」等、ファン感謝祭特別ルールによる遊び体験やゲームを行い、触れ合いを通じてファン・サポーターへの感謝の気持ちをお伝えしました。

 監督やコーチングスタッフが担当した「ブラジル・フレスコ風ゲーム」のブースも大人気で、普段は真剣な表情のコーチングスタッフも和やかな時間をお客様と一緒に過ごしました。

 ゲーム体験終了後は選手サイン会を実施し、選手たちは「いつもありがとうございます!」と一人ひとりに丁寧にサインをし、「頑張ってね!」「期待しているよ!」と沢山の激励をいただきました。

 最後に、キャプテンの今瀬淳也選手よりご来場いただいた皆様へご挨拶させていただき、「2018ファン感謝祭」は終演となりました。
 お越しくださいました皆様、誠にありがとうございました。

Leap-Blue育成クラスのキュートなパフォーマンス Leap-Blueのパフォーマーによる迫力あるパフォーマンス
ぬいぐるみを落とさずに高く上げて楽しむスペイン「ペレレ風」ゲームの様子 楠元選手、今瀬選手、差波選手が担当したスウェーデン「インネバンディ風」ゲームの様子
ロデオボーイに揺られながらボールを落とさずに耐えられるかな!? エド選手・ルーカス選手が練習しているのはフランス「ペタンク風」ゲーム
サイン会も実施し、多くのお客様と触れ合う事が出来ました 最後はハイタッチでお見送りさせていただきました