KATALLER TOYAMA OFFICIAL WEB SITE

ホームタウン活動

社会福祉法人 戸出福祉会 だいご苑「第19回納涼祭」にLeap-Blueが参加しました

2018年07月29日

 2018年7月28日(土)、高岡市戸出にある「社会福祉法人 戸出福祉会 だいご苑」で開催された「第19回納涼祭」にLeap-Blue パフォーマーがステージ出演させていただきました。
 この納涼祭は高岡市にある特別養護老人ホーム だいご苑で毎年行われているもので、今年で19回目を迎えられるそうです。
 納涼祭には施設に入所されている方やそのご家族、また近隣の住民の方などが多数来場され、飲食ブースや子供たちが楽しめるゲームコーナーなどがあり、職員の方や学生のボランティアの方などがブースを運営し、お祭りは大変賑わっていました。
 Leap-Blueはステージイベントの最後に出演させていただき、また終了後にはだいご苑様が花火の打ち上げもされ、メンバー全員で見させていただきました。

 なかなか、呉西地区でのイベント出演が少ない中、お声がけいただき、出演を機会をいただきました。
 だいご苑の職員の皆様、本日ステージをご覧くださった皆様、誠にありがとうございました。

今日は少ないメンバーでの出演でした。出演前に入念に確認を行っています。 出演前にステージ袖でいつもの掛け声です!
まずはカターレ富山のエンブレムが書かれたフラッグを持ってダイナミックにパフォーマンスを行いました。 今日は2曲!休む間もなく2曲目を披露させていただきました。
会場はとても多くの方で賑わっていました。ダンスパフォーマンス中も手拍子などをしてくださいました。 パフォーマンス終了後には、メンバーから告知をさせていただきました。いつもの試合告知だけではなく、カターレ富山とリープブルーの紹介も今日はメンバー全員で順番に告知させていただきました。
ステージをおりると「アンコール!」と会場から声をかけていただき、メンバーはもう1曲ポンポンを使ったパフォーマンスを披露させていただきました。 アンコール終了後にはインタビューも受け、ダンスを始めたきっかけやダンス歴など元気に答えていました!インタビュー終了後には感謝をこめて大きな声で挨拶をさせていただき、ステージ終了となりました。