ホームタウン活動

「WaGo!だらまつり2018」に選手、Leap-Blueが参加しました

2018年07月30日

 2018年7月29日(日)、四方海浜公園で開催された「WaGO!だらまつり2018」に太田岳志選手、前嶋洋太選手、Leap-Blueがステージイベントに出演させていただきました。
 お盆の時期に魚市場が開く合図の鐘が鳴るまで大きな輪になって踊り続け、昭和初期頃まで盛んだったこの盆踊りを「だらだら盆」といい、時がたち、「心が和合した悠久の祭りとして「だらまつり」」となり開催されています。
 台風の接近で、昨日まで強風でテントが倒れそうになるなど、実行委員会の皆様も夜通しお祭りの準備をされていたそうです。
 当日は、台風の影響もなく、台風一過の猛暑日になりましたが、地域の方や海水浴に来られた方で会場は大変賑わっていました。

 和合イベント実行委員会のみなさま、富山市北商工会のみなさま、会場でご覧くださった皆様、誠にありがとうございました。

今日は育成クラスも出演です。みんな元気いっぱいに広いステージで大きく動いてパフォーマンスを披露しました。 育成クラスのみんなも暑さをふきとばすような元気いっぱいのパフォーマンスで最後はみんなでポーズ!
続いてパフォーマーです。ステージに上がる前にみんなで掛け声をかけて気合をいれます! まずはフラッグを持ったパフォーマンス。昨日に引き続き、今日も夏らしくマリンスタイルの衣装で踊りました!
とても暑い日の暑い時間帯でしたが、笑顔で2曲頑張りました! 2曲踊り切り、疲れも見せず大きな声で「カターレ!」と声をかけ笑顔でポーズ!
パフォーマンス終了後に太田岳志選手と前嶋洋太選手の登場です。この日は午前も午後も練習のある日でしたが、練習の合間にステージ出演しトークショーに参加してくれました。 前嶋選手は、「中断明けの試合に向けて一人一人の意識も高くなってきているので、頑張りたいです!是非スタジアムに来てもらいたいです!」と話してくれました。
太田選手は本人の座右の銘であるということで『「こつこつ」は「勝つコツ」』という話をしてくれ、背番号21番のユニフォームでピッチに立つ!と意気込みを話してくれました。 最後に、もう一度Leap-Blueも登壇し、8月25日のホームゲームの告知を全員でさせていただきました。