ホームタウン活動

「志貴野ホーム祭」にLeap-Blueが参加しました

2018年10月31日

 2018年10月27日(土)、高岡市にある障害者支援施設 志貴野ホームで開催された「志貴野ホーム祭」にLeap-Blueパフォーマー・育成クラスがステージ出演させていただきました。
 この施設は、障害者の方が自立した生活が送れるようにと生活支援・健康支援・機能回復訓練などを行っていらっしゃる施設で、このお祭りは毎年開催されているもので、ホームの入所者の方や地域の方々がふれあえるイベントにお声がけをいただき、お昼の部のステージにてパフォーマンスを披露させていただきました。

 志貴野ホームの関係者のみなさま、入所者のみなさま、本日は誠にありがとうございました。

様々なブースがあり、私たちは、お抹茶をいただきました。作法なども丁寧に教えていただき、「ダンスも頑張ってね!」との声もかけていただきました。 まずは育成クラスです。タオルを大きく振るところでは、入所者の方も大きく手をふって一緒にダンスをしてくださいました。
続いてパフォーマーです。フラッグを大きくふってのパフォーマンスで、会場のみなさんもリズムにあわせて手拍子をしてくださいました。 パフォーマンスが終わり、今日はみんなで一言ずつ感謝の思いを伝えさせていただきました。
挨拶が終わると「アンコール」の声がかかり、パフォーマーがもう1曲パフォーマンスを披露させていただきました。 司会の方から「普段の練習はどれくらいやっているの?」や「平成最後の年ですが、あなたの平成のニュースは?」などの質問をうけ、週2回の練習という答えには司会の方もびっくりされていました。