公式記録

2016明治安田生命J3リーグ 第4節

日時:2016年04月10日(日) 14:00キックオフ 会場:味の素フィールド西が丘

【入場者数】 2,206人
【天候】 曇、弱風  【気温】 25.9℃ 【湿度】 26%
【ピッチ】 全面良芝、乾燥
【試合時間】 90分

カターレ富山
3 1 前半 0
2 後半 0
0
FC東京U-23
5 → 8 勝点 0 → 0
9苔口卓也(4分)、23萱沼優聖(77分)
3代 健司(84分)
得点者  
三浦 泰年 監督 安間 貴義
選手名 番号 シュート数 ポジション シュート数 番号 選手名
45 90 90 45
永井 堅梧 31 0 0 0 GK GK 0 0 0 31 榎本 達也
代 健司 3 0 1 1 DF DF 1 1 0 26 柳 貴博
平出 涼 5 0 0 0 0 0 0 34 野澤 英之
北井 佑季 7 1 0 1 MF 0 0 0 40 岡崎 慎
三上 陽輔 11 0 0 0 0 0 0 50 駒野 友一
窪田 良 8 2 1 3 MF 0 0 0 19 平岡 翼
脇本 晃成 2 0 0 0 0 0 0 10 梶山 陽平
國吉 貴博 4 0 0 0 0 0 0 28 幸野 志有人
萱沼 優聖 23 2 2 4 FW 0 0 0 32 ユ インス
苔口 卓也 9 1 1 2 FW 3 1 2 23 林 容平
中西 倫也 15 0 0 0 3 2 1 39 中島 翔哉
GK 飯田健巳 1       SUB       41 GK 波多野 豪
DF 吉井直人 18       0 0   36 DF 山田将之
DF 進藤誠司 29   1 1 0 0   24 MF 佐々木 渉
MF 梅村晴貴 25             42 MF 生地慶充
MF 中田大貴 20   0 0 1 1   45 FW 松岡瑠夢
MF 木本敬介 17   0 0          
FW 西川優大 19                
OUT   IN 交代選手 IN   OUT
9苔口卓也 29進藤誠司 67 62 36山田将之 32ユ インス
15中西倫也 17木本敬介 90 82 24佐々木 渉 19平岡 翼
11三上陽輔 20中田大貴 90+2 82 45松岡瑠夢 28幸野志有人
経過 得点者 得点経過 得点者 経過
中央 11 → 9
~ 左足S
9苔口卓也 4      
中央 直接FK 23 右足S 23萱沼優聖 77      
右 直接FK 23 ↑
中央 3 ヘディングS
3代 健司 84      
           

※得点経過の記号の意味 【~:ドリブル、→:グラウンドパス、↑:浮き球パス、S:シュート】

警告・退場
理由 選手名
C2 11三上陽輔 41
     
     
     
     
     
45 90   90 45
6 6 12 シュート 8 5 3
6 4 10 GK 11 7 4
2 3 5 CK 3 3 0
5 4 9 直接FK 12 3 9
2 2 4 間接FK 1 1 0
2 2 4 (オフサイド) 1 1 0
0 0 0 PK 0 0 0
注1:オフサイド欄には、相手チームのオフサイド数を表示している。
注2:*はハーフタイムなどのインターバル中、あるいはPK戦中を意味する。
警告・退場
選手名 理由
37 34野澤英之 C1
76 36山田将之 C1
     
     
     
     
▽警告
C1:反スポーツ的行為C2:ラフプレーC3:異議C4:繰り返しの違反C5:遅延行為C6:距離不足
C7:無許可入C8:無許可去
▽退場理由
S1:著しく不正なプレーS2:乱暴な行為S3:つば吐きS4:得点機会阻止(手)S5:得点機会阻止(他)S6:侮辱
CS:警告2回
監督コメント
監督 三浦 泰年

 今日は立ち上がりに得点ができたものの、前半の主導権を握られながらリズムとテンポも出ないまま、後半を迎えるかたちになり、紙一重の非常に難しい試合だったと思う。この試合はもう過ぎた試合なので、早く選手も切り替え、次の準備を進めていく。一戦一戦より大事な試合になってくると思うし、よりハードな試合になってくると思うので、そこへ向けて早く切り替えなくてはいけないなと思っている。

(衛藤選手がいない中でトップ下に入った萱沼選手について)
 金曜日に富山で試合に向けてのインタビューを受ける中で、「試合が終わったときに『衛藤のことを忘れていた』というコメントが出せたら嬉しいな」ということを言ってから衛藤のことは、今聞かれて正直本当に今思い出した。そういう中で、萱沼には衛藤の役割というよりも、あの立ち位置で萱沼のできる第2ストライカーとしての仕事を思いっきりしてほしかった。流れの中でも立ち上がりから良い切れのあるプレーもあったし、後半であればセットプレーは彼が2つ、彼のキックからだった。しかし、サッカーというものは個人ではなく、グループでやることだと私は思っているので、萱沼の1人の力で今日のこのようなパフォーマンスがあったわけではない。彼を助ける動きをしている両脇のワイドの選手であったり、サイドバックの選手のアップダウンであったり、センターフォワードの献身的なボランチに対してのケアであったり、そういうものがあって萱沼のパフォーマンスというものが生きたと思っているので、チームで一ついい試合ができたのかなと思っている。

(平出選手がキャプテンマークを付けていたことについて)
 今シーズンはキャプテンを確定しないでスタートしていく中で、やはりチームは今日出場することができなかった衛藤がある意味引っ張っていっている部分がある。うちのチームでいうと苔口や木本であったり、衛藤も含め、ある程度の年齢の選手がこのチームを引っ張り、または自覚を持ってトレーニングからしっかり取り組んでいるという中で、衛藤が2試合キャプテンマークを付けた。そして、彼がケガで不在になった部分で考えたのは、そのまま苔口にするかそれとも少し世代が若くなるものの、FC東京の下部で育った、平出がキャプテンマークを付けるということ。それは、いろんな意味での彼の将来へのモチベーションであったり、周りに与える、彼を助けようとする、そういうチームのまとまりというものがより生まれる可能性もあるのかなと思い、昨日トレーニングが終わった後に「キャプテンどうだ?」と言ったら「やります」というように即答してくれたので、迷わず平出でいった。

選手コメント
DF3 代 健司

 (ゴールを決めたことについて)勝った試合だし、自分のゴールで少しは楽になったかなと思うので率直に嬉しかった。(守備の時間帯について)前半から持たれるシーンというのは結構多かったし、その中でも自分たちが焦って取りにいくのか、というシーンはあまりなくて、持たせていいよという状況の守り方だった。そこはチームとしてできていた部分だと思うし、そこで慌てていくと相手の思うつぼだと思うので、自分たちは落ち着いて対応できたと思う。この2試合はU-23という相手もなかなかメンバーが決まっていない状況で、やりにくいところもあったかもしれないが、次は鳥取さんということで良い選手も揃っているし、J2にいたというのもあるので、そこでは絶対に負けられない戦いになる。

DF5 平出 涼

 早い時間帯に1点取れたというのもあり、落ち着いて進められたと思う。なかなか前半は点を取ってから攻撃の部分で前に進めなかった。そこをもう一度ハーフタイムにみんなで意識しながら後半はある程度割り切って、相手が出てくる分、引き込む意識も持ちながらカウンターを狙っていけた。(キャプテンを任せられたことについて)声を掛けてくれたというのは素直に嬉しく、責任を持って臨みたいと思った。モチベーションという部分では自然と高くなる試合ではあると思ったので、そこをいかに冷静にできるかというところは意識して入った。東京で結果は残せなかったのでこうやって対戦できる機会ができたというのは非常に嬉しく思う。連勝というところで勝点を積み上げられたというのは大きいと思うし、まだまだ大切な試合は続いていくので、また勝点3というのを積み上げられるようにやっていきたい。

FW23 萱沼 優聖

 (得点のフリーキックについて)自分も点を取りたいというのがあったので、(國吉選手が蹴るところを)「自分が行きます」と言ったら、クニ(國吉)くんも「行っていいよ」と言ったので、思い切り蹴った。蹴った瞬間、入ったと思った。後半から最初に主導権を握るため、立て直していたが、そこは相手もうまく自分の嫌なところを突いてきたりしていたので、プレースタイルを変えてうまく引いてブロックをつくった中でのカウンターを狙っていた。その中で中西くんが良いかたちで抜け出して、そこでファウルが取れたのでその中で自分が得点を取れたというのは良かった。
 (衛藤選手がいない中でのプレッシャーはあったか?)良い意味でのプレッシャーはあったが、ここで自分が出て活躍すればチャンスはまた来るだろうし、一試合一試合を大事にして結果を出すことにはこだわってやっていこうと臨んだ。でも、衛藤さんの存在は大きい。内容はまだまだ求めていかなければならないし、課題は残っている。今日の一勝は大きいが、まだ4節しか終わっていないし、J2へ昇格するために残りの試合を大事にしていきたい。