公式記録

2016明治安田生命J3リーグ 第10節

日時:2016年05月22日(日) 13:04キックオフ 会場:富山県総合運動公園陸上競技場

【入場者数】 4,469人
【天候】 晴、弱風  【気温】 23.6℃ 【湿度】 45%
【ピッチ】 全面良芝、乾燥
【試合時間】 90分

カターレ富山
0 0 前半 1
0 後半 0
1
栃木SC
15 → 15 勝点 12 → 15
  得点者 4広瀬健太(3分)
三浦 泰年 監督 横山 雄次
選手名 番号 シュート数 ポジション シュート数 番号 選手名
45 90 90 45
永井 堅梧 31 0 0 0 GK GK 0 0 0 21 吉満 大介
代 健司 3 0 0 0 DF DF 0 0 0 17 山形 辰徳
平出 涼 5 0 0 0 1 0 1 4 広瀬 健太
北井 佑季 7 1 0 1 MF 0 0 0 5 尾本 敬
窪田 良 8 1 1 2 0 0 0 7 菅 和範
國吉 貴博 4 1 1 2 MF 0 0 0 8 廣瀬 浩二
三上 陽輔 11 0 1 1 0 0 0 6 古波津 辰希
萱沼 優聖 23 0 1 1 0 0 0 30 本間 勲
衛藤 裕 10 0 3 3 0 0 0 20 山本 大稀
苔口 卓也 9 2 0 2 FW FW 1 1 0 9 大石 治寿
西川 優大 19 2 1 3 0 0 0 13 上形 洋介
GK 江角浩司 21       SUB       1 GK 竹重安希彦
DF 内田錬平 13             18 DF 坂田良太
DF 吉井直人 18   0 0 2 2   2 MF 西澤代志也
MF 脇本晃成 2   0 0 0 0   10 MF 杉本 真
MF 西室隆規 24             14 MF 西谷和希
MF 梅村晴貴 25       0 0   41 MF 佐々木勇人
FW 中西倫也 15   0 0       11 FW ジャーン モーゼル
OUT   IN 交代選手 IN   OUT
19西川優大 15中西倫也 66 57 10杉本 真 13上形洋介
9苔口卓也 2脇本晃成 74 66 2西澤代志也 6古波津辰希
7北井佑季 18吉井直人 89 89 41佐々木勇人 30本間 勲
経過 得点者 得点経過 得点者 経過
      3 4広瀬健太 直接FK 中央 6
→ 4 右足S
           
           
           

※得点経過の記号の意味 【~:ドリブル、→:グラウンドパス、↑:浮き球パス、S:シュート】

警告・退場
理由 選手名
     
     
     
     
     
     
45 90   90 45
7 8 15 シュート 4 3 1
1 3 4 GK 13 8 5
2 4 6 CK 3 1 2
11 12 23 直接FK 9 4 5
0 1 1 間接FK 3 2 1
0 1 1 (オフサイド) 3 2 1
0 0 0 PK 0 0 0
注1:オフサイド欄には、相手チームのオフサイド数を表示している。
注2:*はハーフタイムなどのインターバル中、あるいはPK戦中を意味する。
警告・退場
選手名 理由
40 7菅 和範 C5
72 2西澤代志也 C5
     
     
     
     
▽警告
C1:反スポーツ的行為C2:ラフプレーC3:異議C4:繰り返しの違反C5:遅延行為C6:距離不足
C7:無許可入C8:無許可去
▽退場理由
S1:著しく不正なプレーS2:乱暴な行為S3:つば吐きS4:得点機会阻止(手)S5:得点機会阻止(他)S6:侮辱
CS:警告2回
監督コメント
監督 三浦 泰年

 今日の試合は、しっかり戦って結果を出せばチャンスは膨らんでくるし、そうでなければ弱いところを強くしていって、より成長していかなければいけないということを再認識する試合だった。秋田の敗戦であれば、移動の面でコーチングスタッフや自分が用具車を運転して行ったりと言い訳が生まれるような環境だった。だからこそ、このホームで言い訳なしのものを、しっかり自分たちがチームとして、プロのプレーヤーとして示さなければいけなかった。それがホームで絶対に勝たなければいけない理由だと思うので、そういう意味では何も言い訳は見つからない。自分たちの力をしっかりと認めて次へ向かうことが大事。(今週も)いつも通りに準備をして、彼らもいつも通りの運動量でトレーニングをやり、普段通りに意識を高めながらやってきた。今日、彼らがピッチで表したものが周りにどう見えたのか。満足するものではなかったのか、不満を抱くプレーだったのか。今日の試合について、私がどう見たかというと、やはり結果ではなく、やっているサッカーに不満を持つ試合だった。だからこそ改善していき、より成長していく。そして、よりサッカーをコレクティブにしていく。そのためにもう一度しっかり、何が必要か、何をどのようにしていくべきなのか、変化させられる部分であったり、プラスα上乗せしていく部分を確認する必要がある。また、選手の起用についても使われている選手以外のモチベーションであったり特性であったりを日頃から見ているつもりではあるが、もう一度しっかり確認してやっていかなければいけないと思っている。

(今日やったサッカーに不満があると言っていたが)
今日の彼らの姿、彼らが表現したサッカーというのは自分自信は納得できるものではない。勝っていたとしてもそれが帳消しになるというものではない。90分を通して全体を見た部分を考えると満足できず、納得できない思いが強い。いつも通りにやらなくてはいけないプレーであったり、セカンドボールへの反応であったり、ひとつのボール際であったり、ベーシックな基本のポジション、基本の動きなど、そういうものがルーズになっているというかボケている。私は毎日トレーニングを見ているので、彼らの動きをしっかりチェックをしながら、彼らのモチベーションや心に何を持ちながらトレーニングに来ているか、その時間を把握しているつもりでいる。そういう意味では、今日のような表現しかできないサッカーで90分間を終えたというのは、当然彼ら自身も納得はしていない。僕と同じ意見なのではないかと思う。

(特に前半、衛藤選手のポジショニングが低めの位置になっていたが)
そのような現象は今日だけではなく、彼がケガをする以前にもあった。それを相手がどう思うかということが大事。また、それがどう我々のリズムとテンポになっていくかというものも大事であって、その辺はよく分かっているつもりでいる。結果が出ないと彼を戦犯にしがちなところはあるが、僕はサッカーは一人でできるものではないと思うし、彼がそこに下がらなかったらどのようになっているのかという検証をしっかりとしなくてはいけない。選手たちが彼を頼りすぎている部分があるのかないのか、そういうところまで含めてよりチームがコレクティブになっていく方向に持って行きたい。

選手コメント
MF7 北井 佑季

 もっとつなげる場面もあったし、イージーなミスでカウンターをくらう場面もあった。もっと怖さを出して相手のゴールへ向かって行けたらよかった。先制点を取られて相手が乗ってきたというのもあると思うし、その中でそういうプレッシャーとかをうまく回避できずにミスも続くような場面もあった。しかし、(先制点が)全く関係ないといったらそうではないと思うが、先制点を取られたからといって何か気持ちの面で変わったというものはない。全ての試合は大切だと思うが、前回負けてからの今回のホーム戦というのは、シーズンを通した中でも大事な試合だった。次の試合は2敗した後という意味でメンタル的にもすごく大事な試合になってくると思う。良いかたちで終われる試合にしたい。

MF11 三上陽輔

 今日のサッカーはちぐはぐだった。ただ、それをピッチ上でみんなで声を掛け合ったりして修正できる部分だったと思うので、それはもっとチームとして修正していかなければいけなかったと思う。失点もあの時間だったので、修正する時間もたくさんあっただろうし、もっといいサッカーができるように取り戻せる時間もあった。そこは自分たちの力不足。またしっかり練習をして次へ向かいたい。