公式記録

2017明治安田生命J3リーグ 第1節

日時:2017年03月12日(日) 14:03キックオフ 会場:江東区夢の島競技場

【入場者数】 2,475人
【天候】 晴、弱風  【気温】 22.7℃ 【湿度】 21%
【ピッチ】 全面良芝、乾燥
【試合時間】 90分

カターレ富山
2 1 前半 0
1 後半 0
0
FC東京U-23
0 → 3 勝点 0 → 0
3代健司(39分)、10衛藤裕(70分) 得点者  
浮氣 哲郎 監督 中村 忠
選手名 番号 シュート数 ポジション シュート数 番号 選手名
45 90 90 45
永井 堅梧 21 0 0 0 GK GK 0 0 0 50 波多野 豪
山形 辰徳 6 1 1 2 DF DF 0 0 0 31 岡庭 愁人
代 健司 3 1 0 1 1 1 0 36 山田 将之
平出 涼 5 0 0 0 0 0 0 26 柳 貴博
佐々木 一輝 13 0 0 0 0 0 0 25 小川 諒也
脇本 晃成 2 0 0 0 MF MF 0 0 0 40 平川 怜
佐々木 陽次 14 1 1 2 0 0 0 35 鈴木 喜丈
衛藤 裕 10 0 1 1 0 0 0 42 小林 真鷹
西室 隆規 24 0 1 1 1 0 1 41 久保 建英
北井 佑季 7 0 0 0 FW 1 0 1 47 小林 幹
萱沼 優聖 23 0 1 1 FW 0 0 0 16 ネイサン バーンズ
GK 飯田健巳 1       SUB       30 GK 廣末 陸
DF 登崎雅貴 18   0 0 0 0   32 DF 坂口祥尉
DF 進藤誠司 20   0 0 0 0   49 DF 長谷川光基
MF 木本敬介 17       1 1   45 FW 原 大智
FW 柳下大樹 19   0 0          
                   
                   
OUT   IN 交代選手 IN   OUT
10衛藤 裕 19柳下大樹 86 64 35鈴木喜丈 40平川 怜
14佐々木陽次 20進藤誠司 90+1 71 32坂口祥尉 31岡庭愁人
2脇本晃成 18登崎雅貴 90+3 79 49長谷川光基 47小林 幹
経過 得点者 得点経過 得点者 経過

中央 直接FK 24 ↑
3 ヘディングS

3代健司 39      
右 7 → 6 ↑ 中央
10 ヘディングS
10衛藤 裕 70      
           
           

※得点経過の記号の意味 【~:ドリブル、→:グラウンドパス、↑:浮き球パス、S:シュート】

警告・退場
理由 選手名
     
     
     
     
     
     
45 90   90 45
3 5 8 シュート 4 2 2
7 2 9 GK 10 6 6
2 1 3 CK 4 1 1
8 10 18 直接FK 11 7 7
2 0 2 間接FK 0 0 0
2 0 2 (オフサイド) 0 0 0
0 0 0 PK 0 0 0
注1:オフサイド欄には、相手チームのオフサイド数を表示している。
注2:*はハーフタイムなどのインターバル中、あるいはPK戦中を意味する。
警告・退場
選手名 理由
38 31岡庭愁人 C1
40 35鈴木喜丈 C2
79 16ネイサン バーンズ C2
     
     
     
▽警告
C1:反スポーツ的行為C2:ラフプレーC3:異議C4:繰り返しの違反C5:遅延行為C6:距離不足
C7:無許可入C8:無許可去
▽退場理由
S1:著しく不正なプレーS2:乱暴な行為S3:つば吐きS4:得点機会阻止(手)S5:得点機会阻止(他)S6:侮辱
CS:警告2回
監督コメント
監督 浮氣 哲郎

 まず、新幹線が通ったとはいえ本当に遠い中、富山の地から多くのサポーターの皆様に来ていただき、本当に感謝している。そのサポーターの皆様を含め、応援してくれている方々に勝点3を取れたということは安心と共に良かったなと思っている。
 ゲームに関しては、正直、自分たちの思い通りのゲームプランというものはなかなかできなかった。しかし、選手たちがこのゲームの状況やピッチの状況に合わせ、いろいろなところを調整し、よく対応して結果を出してくれた。選手たちもすごく成長しているなと感じている。

<「思い通りのゲームプランではなかった」ということについて>
 どのようなメンバーが来るか分からない中で、そのメンバーの予想も含め、こちらの予想通りにはならなかった。また、U-23という中でもFC東京の選手たち一人ひとりの空中戦の強さやセカンドボールへの支配、球際の強さなどの部分が自分たちの想像よりも強かった。ゲームの入りとしては五分五分もしくは少し持っていかれてしまったというところが予想外な展開となってしまった。

<ゴールを目指す選手たちの意識が見られたと思うが監督の手ごたえは?>
 選手たちは、この難しいピッチと少し予想の立てにくい対戦相手に対して、ゴールに向かって行くというところはいろいろな部分で見せてくれたと思う。ただ、もっと精度を高めていかないと得点アップというところにはつながっていかないと思うので、もう少し試合の中でもこの回数を増やし、あとはしっかりゴール前で決めていくということを年間通してやっていきたい。

選手コメント
DF3 代 健司

<ゴールシーンは>(西室から)すごい良いボールも入ってきたし、タイミングも合ったので自分は飛び込むだけだった。
 なかなか自分たちのペースにならない中でも耐え続けたというのは一つ良かったと思う。また、その中で大きく崩れず、今までだったら失点してはいけない時に失点してしまい、相手に流れを持っていかれるシーンが結構多かったと思うが、そこはうまく改善されたのかなと思う。
 毎回毎回「入りは大事だ」ということはみんなで言い合ってはいるが、その中でも練習試合でも失点が続いていたので、どうにか早い時間での失点は無しにしようと平出とは話していた。今日は相手もそんなに怖いプレーもなかったので、結果的に失点0で抑えられたのは良かったが、チームが変わればいろいろなことをしてくるチームもあると思うので、そこでも早い時間帯での失点は絶対にしないように、これからもっとやっていかないといけない。

MF10 衛藤 裕

<ゴールシーンは>ノリ(山形)にバックパスが入った瞬間にファーサイドが空いていたので膨らんで良いボールが来ればいいかなと思っていた。ぴったり良いボールをノリが送ってくれたのであとは決めるだけだった。自分の動きをしっかり見ていてくれたノリに感謝したい。
 試合90分通して、今年やろうとしている攻撃を見せることは少なかった。ただ、開幕戦ということもあるし、FC東京の前に早く入れてくるサッカーのセカンドボールの拾い合いということもあり、また、グラウンド自体も外で見ているより中の方はだいぶやりにくさは感じていたので、試合が始まって、今日は割り切って「セカンドボールのところをしっかり戦おう」とみんなで話していたので、結果的に2点取れて良かった。内容はまた分析して、修正していかなければいけない部分はたくさんあるが、勝点3を持って帰れるということは次の試合へ向けてプラスに物事を運べると思うので、非常に良かったと思う。