公式記録

2017明治安田生命J3リーグ 第25節

日時:2017年10月1日(日) 13:03キックオフ 会場:富山県総合運動公園陸上競技場

【入場者数】 4,014人
【天候】 晴、弱風  【気温】 25.4℃ 【湿度】 34%
【ピッチ】 全面良芝、乾燥
【試合時間】 90分

カターレ富山
1 1 前半 1
0 後半 1
2
栃木SC
40 → 40 勝点 46 →49
14佐々木陽次(22分) 得点者 10杉本 真(25分)、25ネイツ ペチュニク(65分)
浮氣 哲郎 監督 横山 雄次
選手名 番号 シュート数 ポジション シュート数 番号 選手名
45 90 90 45
永井 堅梧 21 0 0 0 GK GK 0 0 0 15 ジョニー レオーニ
山形 辰徳 6 1 0 1 DF DF 0 0 0 26 夛田 凌輔
登崎 雅貴 18 0 0 0 0 0 0 19 服部 康平
平出 涼 5 0 0 0 1 1 0 22 メンデス
國吉 貴博 4 0 0 0 0 0 0 7 菅 和範
椎名 伸志 22 0 1 1 MF MF 2 1 1 21 牛之濵 拓
窪田 良 8 0 1 1 0 0 0 11 岡﨑 建哉
佐々木 一輝 13 0 0 0 2 2 0 16 仙石 廉
衛藤 裕 10 0 1 1 1 1 0 14 西谷 和希
佐々木 陽次 14 2 1 3 FW 3 2 1 25 ネイツ ペチュニク
苔口 卓也 9 0 0 0 FW 2 0 2 10 杉本 真
GK 服部一輝 31       SUB       1 GK 竹重安希彦
DF ハン スンヒョン 16             5 DF 尾本 敬
DF 進藤誠司 20             17 DF 福岡将太
DF 佐藤和樹 39   0 0 0 0   29 DF 川田挙登
MF 西室隆規 24       0 0   24 MF 和田達也
MF 北井佑季 7   0 0       8 FW 廣瀬浩二
FW 平繁龍一 45   0 0 0 0   20 FW 藤沼拓夢
OUT   IN 交代選手 IN   OUT
22椎名伸志 45平繁龍一 78 55 29川田挙登 10杉本 真
14佐々木陽次 39佐藤和樹 82 90 24和田達也 16仙石 廉
13佐々木一輝 7北井佑季 89 90+2 20藤沼拓夢 25ネイツ ペチュニク
経過 得点者 得点経過 得点者 経過
左 4 → 6 ↑ 中央
14 ヘディングS
14佐々木陽次 22 25 10杉本 真 左 14 ~ ↑ 中央 21
~ ↑ 10 ヘディングS
      65 25ネイツ ペチュニク 左 7 ↑ 中央
25 ヘディングS
           
           

※得点経過の記号の意味 【~:ドリブル、→:グラウンドパス、↑:浮き球パス、S:シュート】

警告・退場
理由 選手名
C1 5平出 涼 90+2
     
     
     
     
     
45 90   90 45
3 4 7 シュート 11 7 4
4 6 10 GK 11 6 5
2 3 5 CK 5 1 4
6 8 14 直接FK 14 6 8
3 1 4 間接FK 1 0 1
1 1 2 (オフサイド) 1 0 1
0 0 0 PK 0 0 0
注1:オフサイド欄には、相手チームのオフサイド数を表示している。
注2:*はハーフタイムなどのインターバル中、あるいはPK戦中を意味する。
警告・退場
選手名 理由
41 21牛之濵 拓 C1
58 19服部康平 C2
81 11岡﨑建哉 C4
     
     
     
▽警告
C1:反スポーツ的行為C2:ラフプレーC3:異議C4:繰り返しの違反C5:遅延行為C6:距離不足
C7:無許可入C8:無許可去
▽退場理由
S1:著しく不正なプレーS2:乱暴な行為S3:つば吐きS4:得点機会阻止(手)S5:得点機会阻止(他)S6:侮辱
CS:警告2回
監督コメント
監督 浮氣 哲郎

 今日も多くのサポーターが集まっていただいている中、本当にチームとしては勝点3をなんとか届けたいという想いで試合に臨んだ。
 少ないチャンスになるかもしれないと思っていて、先制点が取れたところまではよかったが、やはりその後すぐに失点してしまい、今日は勝点1でも取らなければいけなかったところを逆転されてしまった。非常に残念な結果で終わってしまい、申し訳ない気持ちでいる。選手たちは持てる力を100%に近いぐらい出し切ってくれていたので、結果は本当に申し訳ないが、これを続けていくしかないというのが今試合を終えた直後の感想。

<全体のゲームプランは?>
 チームとして、ブロックを引いてというのは実はなく、基本的には「前から行く」という中でゲームは入っている。ただ、栃木のやりたいことを考えるとそこは賢くやっていこうという話しをして、そこを選手が共有してくれた。だからある意味ボールを持たれるというのは分かっていた部分はあるし、どちらかというと私たちはボールを持たせているという感覚でやっていくと、そのように予想もしていた。結果もそのようになったと思っている。

<攻めることができなかったのか、守れなかったのか?>
 両方あるとは思うが、分かっていたかたちのクロスでやられるというところは残念。ただ、クロスを上げる精度もそうだと思うし、決め切る力も非常に相手チームはあった。そこで、止められなかったというところは、自分たちの反省すべき点。回数で言ったら少ないかもしれないが、カウンターで少なくとももう1点取れそうなところまではあったが、でもそこを結果としてできなかったという部分はやはり自分たちの力不足というところで、前を向いて継続してやっていくしかない。

<今後に向けて前向きに考えられる部分は?>
 負けてしまって勝点3を失ってしまい、悔しい気持ちでいっぱいだが、選手たちが中断期明け最初にすっきりいかないような試合をしていたときは、どこかで簡単に諦めてしまったりとか、どこかでいい意味でも悪い意味でもギャンブルをして終わってしまうような、粘り強さがなかった。しかし、北九州戦からはそういった部分で粘り強くとか、お互いをカバーし合うとか、そういった部分は出てきていると思っている。今日の結果は残念だが、決して全て悪かったわけではないし、下を向く必要もない。とにかく残りの8試合を自分たちが2位以内に入って昇格をするための覚悟を持って取り組んでいく以外ないと思っているし、そういうかたちで準備していきたいと思っている。

選手コメント
MF14 佐々木 陽次

 (得点について)コーナーキックでチームとして用意していたものがあって、それがベースの上で応用で自分の動きとかうまく組み合わせてあのような結果になってよかった。今日も一人ひとり全員が気持ちが入っていたと思うし、この試合にかける思いというのは伝わるものがあったと思う。そこを勝点3につなげることができなかったというのは本当に残念。
 もう1点取れるかどうかというところもあるし、守備のところも全員でもう一つ質を上げて守れていたかといったら2失点というところが出ているので、チームとしてもう一つレベルを上げなくてはいけないと思う。シュート数が富山は7本、相手は11本。相手を上回るくらいシュートを打っていかないとゴールには結びつかないと思うので、まずはシュートの数を多くしていき、その中で質を求めてゴールというところを結びつけるのが一番いいかなと思う。
 最後まで誰一人として昇格を諦めてはいないし、残り8試合の1戦1戦を大事にして、自分たちを信じて戦うだけ。

DF39 佐藤 和樹

 もう少しできることがあったのではないかという思い。結果が今は大事なので勝ち切るというところが何より大事。沼津戦もそうだが今日みたいな大事なゲームを落としてしまうというのはよくないと思う。(残り8試合)自分の特徴を出してアシストであったりゴールで貢献していきたいと思っている。