公式記録

2018明治安田生命J3リーグ 第4節

日時:2018年03月25日(日) 14:03キックオフ 会場:味の素フィールド西が丘

【入場者数】 1,679人
【天候】 晴,、弱風 【気温】 20.4℃ 【湿度】 30%
【ピッチ】 全面良芝、乾燥
【試合時間】 90分

カターレ富山
0 0 前半 0
0 後半 3
3
FC東京U-23
3 → 3 勝点 0 →3
  得点者 20前田遼一(49分)、15久保建英(75分)
20前田遼一(90+1分)
浮氣 哲郎 監督 安間 貴義
選手名 番号 シュート数 ポジション シュート数 番号 手名
45 90 90 45
永井 堅梧 1 0 0 0 GK GK 0 0 0 1 大久保 択生
弓崎 恭平 16 1 1 2 DF DF 0 0 0 29 岡崎 慎
今瀬 淳也 5 0 0 0 0 0 0 47 木村 誠二
代 健司 3 0 0 0 0 0 0 35 鈴木 喜丈
進藤 誠司 20 0 0 0 MF 1 0 1 25 小川 諒也
稲葉 修土 17 0 0 0 MF 4 3 1 15 久保 建英
差波 優人 6 0 1 1 1 1 0 44 品田 愛斗
佐藤 和樹 39 0 0 0 0 0 0 7 米本 拓司
才藤 龍治 11 1 1 2 1 0 1 28 内田 宅哉
椎名 伸志 22 1 0 1

FW

2 2 0 17 富樫 敬真
遠藤 敬佑 8 1 0 1 FW 2 2 0 20 前田 遼一
GK 平井直人 41       SUB       30 GK 廣末 陸
DF 谷奥健四郎 28             42 DF バングーナガンテ 佳史扶
MF 佐々木陽次 7   3 3       31

MF ジャキット

MF 新井瑞希 10             51 MF リッピ ヴェローゾ
MF 川上エドオジョン智慧 14   0 0       19 FW 平岡 翼
MF 前嶋洋太 24                
FW 西 晃佑 23   0 0          
OUT   IN 交代選手 IN   OUT
20進藤誠司 7佐々木陽次 61      
8遠藤敬佑 23西 晃佑 73      
22椎名伸志 14川上エドオジョン
智慧
79      
経過 得点者 得点経過 得点者 経過
      49 20前田遼一 左 15 → 28 → 25 ↑
中央 20 ヘディングS
      75 15久保建英 中央 20 → 28 →
15 右足S
      90+1 20前田遼一 左 CK 25 ↑
中央 20 ヘディングS
           

※得点経過の記号の意味 【~:ドリブル、→:グラウンドパス、↑:浮き球パス、S:シュート】

警告・退場
理由 選手名
C1 39佐藤和樹 25
C2 6差波優人 34
C2 11才藤龍治 70
C2 11才藤龍治 78
CS 11才藤龍治 78
     
45 90   90 45
4 6 10 シュート 11 8 3
7 4 11 GK 10 7 3
1 2 3 CK 3 2 1
8 7 15 直接FK 19 10 9
1 1 2 間接FK 1 0 1
0 1 1 (オフサイド) 1 0 1
0 0 0 PK 1 0 1
注1:オフサイド欄には、相手チームのオフサイド数を表示している。
注2:*はハーフタイムなどのインターバル中、あるいはPK戦中を意味する。
警告・退場
選手名 理由
     
     
     
     
     
     
▽警告
C1:反スポーツ的行為C2:ラフプレーC3:異議C4:繰り返しの違反C5:遅延行為C6:距離不足
C7:無許可入C8:無許可去
▽退場理由
S1:著しく不正なプレーS2:乱暴な行為S3:つば吐きS4:得点機会阻止(手)S5:得点機会阻止(他)S6:侮辱
CS:警告2回
監督コメント
監督 浮氣 哲郎

 この結果は非常に悔しい思いしかない。前半からチームとしてやろうとしていたことを選手たちは良くプレーで表現してくれていた。セットプレーも含めた決定機のところを決めておけば、また全く違う流れになったような試合だった。
 良い形で前半を終えて、後半の立ち上がりで今度逆に少し甘い部分だとかクリアすべきところを出来ずに細かいところで今日の試合を失ってしまい、本当に申し訳ない気持ちでいっぱい。

<相手メンバーが読めない中で選手たちへはどういった指示や声掛けをしたか?>
 基本的にメンバーは全く予想出来なかったので、まずは自分たちのサッカーをしっかりやっていこうと短い時間の中で準備してきた。相手のメンバーが分かった後でも、自分たちにとって良い相手であるというところで「全力を出していこう」と声を掛けて送り出した。

<やりがいのある相手で選手たちの気持ちも変わったように伺えたが?>
 選手たちもこの一戦にかける思いは色々あったので、気持ちをいれて試合に入れたと思う。

選手コメント
MF7 佐々木 陽次

 自分がいたチームとの対戦ということで思い入れもあるし、負けたくないという気持ちで試合に入った。(今シーズン初めての出場だったが)大きなケガをしてしまって最初スタートが遅れてしまったという思いは凄くあったが、チャンスが来た時に自分が出来ることをできる様にトレーニングしてきたつもりだった。今日は途中から出場した中で決定機も一つあったし、シュートシーンも自分の中では3つくらいあったが1本も決められなかった。
 次はそういったことがないようにしっかりやっていかなければいけない。
 なかなか勝利が届けられず厳しい状況だが、勝利に向かってチーム全員、自覚をもってやっているし、勝利を届けられるように頑張るので変わらぬ応援をお願いしたい。

FW23 西 晃佑

 (J初出場だったが)まずは負けて悔しいという思いがあるが、初めて試合のピッチに立てたということは自分の中では大きな一歩になったと思う。最初は緊張もあったが、先輩たちが「出来る!出来る!」と後押ししてくれて、気持ちが楽になった。自分は気持ちを出してプレーするタイプなので、やれることはもっとあったと思うが、自分の技術とかをもっと向上させていかなければいけないなと思った。(途中交代だったが)今日は負けている状況での投入だったので、相手ディフェンスが自陣でボールを回している時に、しっかり追うことだったり、前線で体を使ってボールを収めたりといったことを意識してプレーした。FC東京だけではなくU-23チームには、ユースの時から知っている選手も出場していたり、活躍している姿からは刺激を受けるし、悔しいという気持ちもある。
 フォワードなので、やはり点を取ってチームに貢献したい。前線からの守備や自分の良さをどんどん出してチームに貢献したい。試合に出るために、まずはトレーニングからしっかりとやっていかなければいけない。