next

公式記録

2018明治安田生命J3リーグ 第18節

日時:2018年07月16日(月・祝) 18:03キックオフ 会場:富山県総合運動公園陸上競技場

【入場者数】 2,133人
【天候】 晴、弱風 【気温】 30.5℃ 【湿度】 62%
【ピッチ】 全面良芝、乾燥
【試合時間】 90分

カターレ富山
1 1 前半 0
0 後半 0
0
ガイナーレ鳥取
16 → 19 勝点 24 →24
3代 健司(18分) 得点者  
安達 亮 監督 須藤 大輔
選手名 番号 シュート数 ポジション シュート数 番号 手名
45 90 90 45
永井 堅梧 1 0 0 0 GK GK 0 0 0 1 北野 貴之
代 健司 3 1 0 1 DF DF 0 0 0 15 上松 瑛
今瀬 淳也 5 0 0 0 0 0 0 3 内山 裕貴
ルーカス ダウベルマン 15 0 0 0 0 0 0 4 甲斐 健太郎
椎名 伸志 22 0 0 0 0 0 0 24 奥田 裕貴
差波 優人 6 1 1 2 MF MF 0 0 0 10 加藤 潤也
佐々木 陽次 7 2 0 2 1 1 0 23 井上 黎生人
川上 エドオジョン 智慧 14 0 1 1 1 1 0 16 星野 有亮
前嶋 洋太 24 0 0 0 0 0 0 7 可児 壮隆
才藤 龍治 11 1 0 1 FW FW 2 2 0 9 レオナルド
木村 裕 41 1 1 2 0 0 0 8 フェルナンジーニョ
GK 太田岳志 21       SUB       21 GK 井上亮太
DF 谷奥健四郎 28       0 0   11 MF ヴィートルガブリエル
MF 新井瑞希 10   1 1 0 0   13 MF 林 誠道
MF 佐々木一輝 13             17 MF 山本 蓮
MF 稲葉修土 17   0 0 1 1   19 MF 小林智光
FW 苔口卓也 9                
FW 大谷駿斗 27   1 1          
OUT   IN 交代選手 IN   OUT
7佐々木陽次 10新井瑞希 61 63 11ヴィートルガブリエル 24奥田裕貴
11才藤龍治 27大谷駿斗 74 81 19小林智光 3内山裕貴
41木村 裕 17稲葉修土 90 90+1 13林 誠道 8フェルナンジーニョ
経過 得点者 得点経過 得点者 経過

右 CK 22 ↑ 中央 5 ヘディンクS 3 ヘディングS

3代健司 18      
           
           
           

※得点経過の記号の意味 【~:ドリブル、→:グラウンドパス、↑:浮き球パス、S:シュート】

警告・退場
理由 選手名
     
     
     
     
     
45 90   90 45
6 5 11 シュート 5 5 0
3 4 7 GK 12 7 5
3 2 5 CK 11 7 4
8 4 12 直接FK 7 3 4
2 1 3 間接FK 2 1 1
2 1 3 (オフサイド) 2 1 1
0 0 0 PK 0 0 0
注1:オフサイド欄には、相手チームのオフサイド数を表示している。
注2:*はハーフタイムなどのインターバル中、あるいはPK戦中を意味する。
警告・退場
選手名 理由
30

4甲斐健太郎

C1
37 レオナルド C1
     
     
▽警告
C1:反スポーツ的行為C2:ラフプレーC3:異議C4:繰り返しの違反C5:遅延行為C6:距離不足
C7:無許可入C8:無許可去
▽退場理由
S1:著しく不正なプレーS2:乱暴な行為S3:つば吐きS4:得点機会阻止(手)S5:得点機会阻止(他)S6:侮辱
CS:警告2回
監督コメント
監督 安達 亮

 前節の結果もあったので守備重視で試合に挑んだ。
 セットプレーから得点ができたことと、前半は相手のシュート数が0でその部分は良かった。後半追加点が早めに取れれば3、4点目を狙うことが出来たが、それが出来なかったので、後ろに引いてしまい最後は猛攻を浴びてしまったが、何とか選手が頑張ってくれたおかげで勝つ事ができた。
 目先の勝点3を取る現実的な戦いと、将来勝点30を取りにいく理想的な戦いと、その両方のバランスをとりながら進んでいきたい。現状は前節のような0-5の大敗があったので、今日に限っては、とにかく勝点3を取りに行くことに集中した。もう一試合やれば、中断期間に入り、しっかりとトレーニングが出来るので、その間に何とかバージョンアップをして戻ってきて後期は何としても勝点を積み上げ順位を上げたい。順位を上げないと離れてしまうスポンサーの方もいらっしゃると思う。そんなことにならないように、来シーズンも支援と応援をしていただけるように結果を残す。

<どういったところを改善してきたか?>
 ひとつは守備をやらないと勝てないというところの守備の意識の部分。
 あとは、ミラーゲームだったので、目の前の相手よりも一歩でも多く走るということは絶対にやらなくてはいけない。落とし込むというところまでは正直できていない。練習の部分では高校生以下にも良くやるようなトレーニングだが、例えば球際の部分だとどこまで強くすれば取れるのか?だったり、強さには限界はないので今までの自分の基準よりも上げていくことをトレーニングで行った。

<大谷選手、新井選手の交代の意図は?>
 カウンターを考えての投入だった。面白いオプションが増えたと思っている。

<大谷選手加入の経緯は?>
 自分が見たのは6月17日の松本山雅とのトレーニングマッチだった。トレーニングマッチでも今日のようなプレーで抜けて得点を決めていた。自分はトレーニングマッチの最中には取ってほしいとお願いしていた。練習中の紅白戦でも結果を出していたので、早速使ってみた。今日も一点決まりそうだったが惜しかったと思う。今後まだまだ課題はあると思うが、彼のスピードは武器になる。

選手コメント
DF3 代健司

 相手の攻撃陣には良い選手がいたが、全員がまとまって守備をすれば失点しないということが分かったし、こうやって体を張る試合というのを毎試合していかなくてはいけない。
 前節は気持ちの緩さというものが多少なりあったと思う。0-5という結果にしっかりと向き合って、自分たちを奮い立たせてトレーニングをしてきた。
 試合に関しては出来ればもっと自分たちでボールを持ちたかったが、後半はボールを持たれていた。リードを奪いながらも主導権を握れるように試合を進めていかなくてはいけない。最近セットプレーで得点できていなかったので、得点できたことは大きいと思うし、練習していたイメージでできたことも良かった。

FW27 大谷駿斗

 出場してまずは嬉しい気持ちと、まだまだ自分の力は足りないなと感じさせられた。交代してすぐにコールがかかったことは嬉しかったが、入った瞬間はとても緊張していて最初のプレーでミスをしてしまった。でもその後シュートを打ってからは緊張もなくなりプレーに集中できた。シュートした瞬間はゴールの感覚はあったが外してしまったので、そこは決めきれる選手になりたい。ファン、サポーターの皆さんのコールのおかげでリラックスできたところもある。これからも学校へ行きながらになるが、頑張って試合に出場したい。