next

公式記録

2018明治安田生命J3リーグ 第27節

日時:2018年10月14日(日) 13:03キックオフ 会場:いわぎんスタジアム

【入場者数】 1,308人
【天候】 晴、無風 【気温】 18.8℃ 【湿度】 23%
【ピッチ】 全面良芝、乾燥
【試合時間】 90分

カターレ富山
1 1 前半 1
0 後半 1
2
グルージャ盛岡
29 → 29 勝点 28 →31
7佐々木陽次(18分) 得点者 25谷口海斗(2分)、29藤沼拓夢(90分)
安達 亮 監督 菊池利三
選手名 番号 シュート数 ポジション シュート数 番号 手名
45 90 90 45
永井 堅梧 1 0 0 0 GK GK 0 0 0 32 小泉 勇人
脇本 晃成 2 0 1 1 DF DF 0 0 0 3 福田 友也
代 健司 3 0 0 0 0 0 0 2 久保 海都
谷奥 健四郎 28 0 0 0 MF 0 0 0 6 河津 良一
佐々木 陽次 7 1 0 1 MF 0 0 0 20 江頭 一輝
新井 瑞希 10 1 0 1 1 1 0 19 白石 智之
椎名 伸志 22 0 1 1 0 0 0 26 山田 陸
前嶋 洋太 24 0 0 0 0 0 0 39 小谷 光毅
佐々木 一輝 13 1 3 4 FW 2 2 0 29 藤沼 拓夢
苔口 卓也 9 1 0 1 FW 1 0 1 18 宮市 剛
柳下 大樹 19 0 0 0 2 0 2 25 谷口 海斗
GK 太田岳志 21       SUB       22 GK 笠原 淳
MF ルーカス ダウベルマン 15             4 DF 畑本時央
MF 差波優人 6   0 0       17 DF 田中 憧
MF 川上エドオジョン智慧 14   0 0 0 0   8 MF 菅本 岳
FW 木村 裕 41   0 0       10 MF 谷村憲一
FW 才藤龍治 11       0 0   14 MF 嫁阪翔太
FW 大谷駿斗 27       0 0   13 FW 梅内和磨
OUT   IN 交代選手 IN   OUT
10新井瑞希 41木村 裕 60 63 14嫁阪翔太 25谷口海斗
24前嶋洋太 14川上エドオジョン智慧 69 90+4 13梅内和磨 18宮市 剛
2脇本晃成 6差波優人 73 90+5 8菅本 岳 29藤沼拓夢
経過 得点者 得点経過 得点者 経過
右 13 ↑ 中央 9 → 7 ~ 右足S 7佐々木陽次 18 3 25谷口海斗 中央 25 → 29 → 25 ~ 左足S
      90 29藤沼拓夢 中央 39 → 右 19 ↑ 中央 29 ~ 右足S
           
           

※得点経過の記号の意味 【~:ドリブル、→:グラウンドパス、↑:浮き球パス、S:シュート】

警告・退場
理由 選手名
     
     
     
45 90   90 45
4 5 9 シュート 6 3 3
2 3 5 GK 14 11 3
0 2 2 CK 3 1 2
8 11 19 直接FK 12 5 7
0 2 2 間接FK 3 2 1
0 2 2 (オフサイド) 3 2 1
0 0 0 PK 0 0 0
注1:オフサイド欄には、相手チームのオフサイド数を表示している。
注2:*はハーフタイムなどのインターバル中、あるいはPK戦中を意味する。
警告・退場
選手名 理由
18 18宮市 剛 C1
52 39小谷 光毅 C1
     
     
▽警告
C1:反スポーツ的行為C2:ラフプレーC3:異議C4:繰り返しの違反C5:遅延行為C6:距離不足
C7:無許可入C8:無許可去
▽退場理由
S1:著しく不正なプレーS2:乱暴な行為S3:つば吐きS4:得点機会阻止(手)S5:得点機会阻止(他)S6:侮辱
CS:警告2回
監督コメント
監督 安達 亮

 結果的には残念な敗戦だったが、やっていることや目指していることは一つずつ出来てきてはいる。勝ち切れれば自信になるのだが、上手くいかない。また一週間練習をしっかりやっていきたい。

<ハーフタイムに指示したことは?>
 後半の入り方は気を付けていくことと、落ち着いて試合を進めれば必ずチャンスはくるという話しをした。最後は点をとりにいって、逆にカウンターをとられてしまったが、自分たちの流れが良い時に得点出来ていればまた違った結果だったと思う。今の我々は引き分けはいらない。勝にいくとこういった失点をくらうケースもあると思う。とにかく勝ちを目指して頑張ろうとハーフタイムに伝えた。

<後半は左サイドからの攻撃が多かったが最後決め切れない要因は?>
 どのチームもそうだが最後の点を取るということはまだまだ課題はあると思う。ただ、意図的な攻撃をしている回数が多くなっているので、これを続けていきたい。

選手コメント
DF3 代健司

 チームがやっているサッカーの内容は悪くないと思っている。ここ2試合は結果がついてきていたが、今節は結果を出せなかった。最後決めきれることがしっかりと出来れば良いイメージでいけると思うし、連勝に繋がると思う。リーグの中でも成績は厳しい状況なのが現実なので、残り試合一つずつ勝って良い状態で今シーズンを終えることも大事だと思う。残り試合全部勝つことを目指す。それにつきると思う。

MF7 佐々木陽次

 立ち上がり相手が攻めてくることは分かっていた中で失点してしまった。
 ただ、そこでチームが慌てることなく一つ一つ大事にプレーした結果、得点することが出来たと思っている。
 チャンスがあっても決めきれないのは自分たちの弱さだし、監督が課題に上げている両ゴール前の部分をもっと大事にしていかなくてはいけない。
 ファン、サポーターの皆さんにはいつも遠いところまで来ていただき本当に感謝している。今日みたいな悔しい思いはしたくないし皆さんと一緒に喜びたいので、多くの試合でそれが出来るように練習から頑張っていきたい。